スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


肩コリを予防するための考え方(別ブログリンク)

肩コリの原因は様々ですが、特に猫背が原因になる事が多いです。猫背になるとまず背中やお腹にある筋肉が衰え、背中が丸くなりやすくなります。すると肩甲骨が上にずれ、首の根元にある筋肉が凝り固まります。血流が悪化すると筋肉への血液の供給が上手くできなくなり、筋肉としての機能が低下します。これこそが肩コリです。

またその状態の時に肩を動かすと、周囲の筋肉や腱、あるいは骨や靭帯が擦れ合い、痛みを伴う場合もあります。また肩甲骨を下げる筋肉は逆に引っ張られるため、肩甲骨の位置が不安定になりやすくなります。すると腕の可動域に制限が生まれ、その状態で無理に腕や肩を動かそうとすると、肩の関節に物理的な損傷を伴う事もあります。

バストアップに関して言えば、胸が大きい人ほど猫背になりやすいです。これは胸の重さを支えているのが、肩甲骨や背中周りにある筋肉だからで、女性は男性よりも胸がある上、男性よりも筋力的に劣るため、猫背になりやすいのです。当然猫背に慣ればバストのトップの位置が下がるので良くありませんし、そのように肩コリになりやすくなり、場合によっては日常生活にも支障が出る事もあります。

そんな肩コリを予防するためには、肩・肩甲骨周りの筋肉を日常的に動かしておくと良いでしょう。ストレッチに限らず、動かし、血流を促す事が重要です。また肩コリの原因となる普段の姿勢、お腹や背中の筋肉の衰え、首や頭を前へ出す癖なども、改善しておく事が重要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『猫背・肩コリ・腰痛を予防・改善するための考え方』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ


「運動神経」を言い訳にしない(別ブログリンク)

まず、筋肉を素早く動かすためには、「脳から出る命令が、できるだけ素早く出る」必要があります。「運動神経が良い」と呼ばれるような人たちは、多種多様な状況を過去に何度も経験し、状況に応じた体の動かし方を脳が覚えています。だからこそ咄嗟の時にも素早く体を動かす事ができる訳です。

次に、脳から送られる電気信号は、神経を通って末端まで伝えられます。よって「電気信号がスムーズに伝わるような神経」も重要です。これは「神経の質」なので、素早い命令ほど「生まれながらの素質」が関係しますが、神経は年齢に関係なく、使い込む事によって鍛える事ができます。そのため素早い運動を行うためには「運動習慣の継続」も重要になります。もちろんより効率的に神経を刺激するためには内容も重要です。

そして「複雑で細かな動作」を行うためには、「神経が細かく枝分かれしている」必要があります。特にこれは幼少期、どれだけ複雑で細かな動作を行ったかで大きく変わると言われています。よって運動の内容ももちろんなのですが、「小さい頃からの継続した運動習慣」が、将来の「運動神経が良い」に繋がるという事が言えると思います。どれだけ幼少期に努力しても、それ以降継続しなければ運動神経は衰えてしまいます。

ここで言いたい事はただ一つ、それは「自分には運動神経がない」と勝手に思い込み、それを運動をしたくない事の理由にすべきでないという事です。それでは現状は何も変わらず、ただひたすら同じ事を繰り返すだけだと思います。

運動が苦手という人もいるかもしれません。しかし運動神経が良いと言われるような人も、誰もが失敗を繰り返しています。重要なのは失敗をし、失敗をする度に原因を分析し、修正して再び実行する・・・それをひたすら繰り返す事です。失敗を繰り返す事は確かに苦痛です。しかし修正を繰り返せば確実に失敗は減っていき、成功の確率が増えていきます。結局、失敗を繰り返す事に耐えられないメンタル、あるいは一つ一つの失敗の受け止め方が問題なのであって、運動神経の良し悪しは関係ありません。


尚、当記事の内容は移転済みです。詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『運動神経の良い悪いについて』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ


筋肉の質とバストアップの関係を考える(別ブログリンク)

日本人を含むアジア人は平均的に遅筋の割合が高いと言われています。遅筋は長時間の運動の際に働き、脂肪などを少しずつエネルギーに利用する事で機能します。よって日本人は元々脂肪を効率良く利用できるような体を持っていて、「脂肪が蓄積にしにくく燃えやすい体質の人が多い」と言えると思います。

また胸(乳房)の大きさに関して言うと、日本人を含むアジア人は、やはり平均的に胸が小さいと言われています。これは性ホルモンの分泌量やそれを受け取る受容器などが関係しているのですが、そのようにアジア人はそもそも全身の脂肪の量が少ないので、それに伴って胸も小さくなります。

胸の大きさには遺伝子的・民族的な要素が大きく関係しています。確かにそうです。しかしそのように「脂肪が少ない」という点に関しては、改善する事ができるはずです。特に日本人はそのようにただでさえ脂肪の量が少ないにも関わらず、多くの人が太ったと勘違いし、その少ない脂肪を更に減らそうとダイエットに勤しみます。それではいつまで経ってもバストアップはできません。脂肪をできるだけ維持しながら、スタイルをより良くする方法を考えるべきでしょう。

では、そのような都合の良い方法はあるのでしょうか。実は筋肉を鍛えると、皮膚や脂肪を下から押し上げてくれます。これにより皮膚の「たるみ」が減り、「ハリ」が生まれ、同じ脂肪の量でも太って見せないようにする事ができます。また筋肉を鍛えると、バスト、ウエスト、ヒップという凹凸をより強調する事ができ、これによって「ウエストの太さ」を目立たないようにする事もできます。つまり例えお腹周りに脂肪があっても太って見えません。

一方、筋肉を大きくするには、エネルギー消費の激しい筋トレを行う必要があります。またその筋肉を維持・成長させるためにも、大きなエネルギーが必要になります。いくらバストアップのために筋トレを行っていても、消費量と摂取量のバランスが崩れると、脂肪が減ってしまい、胸が萎みます。このため運動量に合わせた摂取量を見極める事が重要になります。もちろん睡眠やストレスなどの管理も重要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『速筋と遅筋の割合から自分の持つ「才能」について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ


PR
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座