スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


睡眠習慣や性ホルモンを制御するメラトニン(別ブログリンク)

メラトニンは夕方〜夜間〜朝方にかけて分泌されるホルモンです。特に心身に睡眠を行う準備を促し、睡眠の質を高める役割があります。一方、明るい場所、あるいは目に明るい光が入るとその分泌は阻害されます。このため寝る前の行動によってはメラトニンの分泌が悪くなり、睡眠の質が低下する事があります。

またメラトニンには性ホルモンの分泌を制御する役割もあります。特に成長期においては思春期の到来を遅らせ、早熟を防ぐ役割があると考えられています。このため健全な発育において非常に重要なものです。一方、大人の場合、睡眠習慣の崩れが性ホルモンの分泌に悪影響を及ぼす可能性があります。

この他、メラトニンは昼間に分泌されるセロトニンから作られます。特にセロトニンは太陽の光を浴びたり、心身を活性化させる必要がある時に分泌されます。更にセロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。このため昼間の行動も、実はメラトニンの分泌を促すために重要な事です。またそれは前述のように睡眠習慣、そして性ホルモンの分泌にもに大きく関係してきます。バストアップにも当然重要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『セロトニンとメラトニンの作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ

オオサカ堂商品リンク

Source Naturals メラトニン 3mg・5mg

これはメラトニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取するタイミングは夕食後〜寝る前に。摂取量としては1日1粒程度を目安(1粒当たりの量による)とし、体調を見て、摂取量や使用頻度を調節しましょう。過剰摂取には十分に注意です。そもそも必須栄養素ではないので、本来サプリメントを利用する必要ないものです。ご利用は自己責任でお願いします。


活動力の源になるセロトニンを分泌させよう(別ブログリンク)

「セロトニン」は太陽光を浴びる事で分泌が促されます。そのためまず太陽の光を浴びる事が重要です。またセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンなど、ストレス反応に関わるホルモンを制御する役割があります。これにより精神を安定化させ、活動力をもたらしてくれます。よってストレスコントロールも重要になります。

そしてセロトニンは「トリプトファン」という必須アミノ酸から作られます。トリプトファンは蛋白質が豊富に含まれる食品、特に肉、魚、乳製品、卵、大豆などから摂取できるため、それらを意識的に食べる事も、セロトニンの分泌を促すために必要な事です。

一方、セロトニンは睡眠中に分泌されるメラトニンの分泌に必要です。つまりセロトニンの分泌を促すためには、そのように昼間の行動に注意するだけでなく、睡眠習慣の改善も合わせて必要になります。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『セロトニンとメラトニンの作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ

下記はサプリメントの紹介です。あくまで参考程度に。

オオサカ堂商品リンク

Source Naturals 5-HTP 50mg

これは「5-HTP(ヒドロキシトリプトファン:トリプトファンが代謝される過程で作られる物質)」のサプリメントです。摂取方法は1回50〜100mgずつを、空腹時に小分けにして摂取するのが良いと思われます。ただし寝る前や運動前の摂取はオススメしません。また逆にホルモンバランスを崩したり、下痢になりやすいとも言われています。最初は少ない量で様子を見るなど、摂取量や頻度については各自調節が必要です。そもそも必須栄養素ではないので必ずしも必要なものではありません。ご利用は自己責任でお願いします。


バストアップのために重要な睡眠の質(別ブログリンク)

睡眠を行う夕方〜夜間にかけての時間帯では、メラトニンというホルモンが分泌されます。このメラトニンには心身に睡眠を行う準備を促す作用があり、これが分泌されるだけで睡眠の質が高まります。一方、寝る直前に例えば明るい画面を見たりなどすると、目から入った光によって刺激され、その分泌が阻害されると言われています。つまり睡眠の質が低下します。寝る前にはできるだけ何もせず、速やかに寝る準備をしましょう。

またそんなメラトニンは、昼間に分泌されるセロトニンから作られます。特にセロトニンは太陽光を浴びる事で分泌が促される他、活動的になる事でも分泌が促されるので、昼間の行動も実は睡眠の質に大きく関係しています。更にセロトニンはアミノ酸の一種トリプトファンから作られます。つまり食習慣も睡眠に関係しています。

そしてセロトニンとメラトニンはお互いに入れ替わるようにして分泌されており、体内時計のような役割も果たしています。つまり毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起き、昼間はとにかく心身を活動的にし、太陽の光を浴びて、暗くなったら寝て、明るくなったら起きる・・・そういった規則的な睡眠習慣も、睡眠の質を高める事に繋がります。休息と活動のメリハリが重要です。

この他、メラトニンには性ホルモンの分泌をコントロールする役割もあります。性ホルモンのバランスが崩れる事は、当然バストアップには良くありません。またセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンなど、ストレスに関わるホルモンの分泌もコントロールしています。つまりメラトニン及びセロトニンの分泌を真に促すためには、ストレスコントロールも重要になる訳です。

このように単に「睡眠の質」と言っても、実際には生活習慣全体の改善が必要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『身長を伸ばすために睡眠の「質」を高めよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ


PR
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座