<< 必須アミノ酸それぞれの役割について | main | バストアップと快便の関係について >>

女性ホルモンの分泌量と食事制限のダイエットについて

ここでは「ダイエット」について私なりに考えた事を書いてみます。かなりの長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

ここまでダイエット志向の高い国は日本ぐらい

アメリカなどの欧米諸国では肥満が社会問題となっています。これは我々庶民にとってファミリーレストランやコンビニエンスストアなどが身近になった事で、誰でも安く高カロリーな食品を手に入れる事ができるようになった事が大きく関係しています。ある程度のお金さえあれば少なくとも食べるものには困らない時代になりましたからね・・・もちろん当の日本においてもそれは同じで、日本人は世界的に見ても食に対する高い関心を持っていると言われています。都心のような人口密集地では歩いて数分間隔と言っても良いほどたくさんのコンビニがありますし、駅前に行けば必ずファミレスやラーメン屋などの飲食店が数え切れないほどあります。しかしそんな日本においては欧米諸国のように「肥満が社会問題になっている」という事はあまり聞きません。全体的に痩せ型が多いから「メタボ」が目立つだけであって、食習慣の欧米化による肥満が欧米諸国と同じような「社会問題」と呼べるかというとそこまで大きな問題になっているとは言えません。これは何故かというと、特に日本人に限ってはその食への関心の多くが「ダイエット」に対して向けられているからです。

例えば「カロリー○○%オフ」や「脂肪燃焼を促す」というように、日本ではダイエットと結びつく謳い文句の書かれた商品を当たり前のように目にすると思います。毎年毎年新しいダイエット関連商品が開発され、その度にメディアで大々的に取り上げられ、毎回ちょっとしたブームが起きます。今では「○○ダイエット」とつく言葉を考えたらキリがないほどたくさんの種類があります。何故そのようにダイエット商品を店頭で当たり前のように目にするかというと、単純に「ダイエット効果がある商品」とすれば普通に売るよりも売れるからです。例えばメーカーが異なる牛乳が横に並べられていて、その内一つに「カロリーオフ」や「低脂肪」と書かれていれば間違いなくそれを選ぶと思います。日本人は例えばタンパク質がどのぐらい含まれていて、どんな種類のビタミンやミネラルが含まれているかという事よりも、「カロリー」「糖」「脂肪」といった言葉があればまずそれに目を奪われてしまうのです。我々は当たり前のようにそうした食品を選んでいますが、これも日本人が潜在的にと言えるまでダイエットに対する高い関心を持っているからなのです。

一方、欧米諸国では肥満が社会問題化しているという割には、日本ほど「ダイエットをして痩せる」という事に対して敏感ではないように見えてしまいます。ニュースなどで街を見てみても社会問題と言われている割には肥満の人が多いですよね。何故肥満なのに痩せようとしないかというと、日本人ほど「他人からどう見られているかを考える」という意識が高くないからです。もちろん人と接する上で身だしなみを整える事は大切な事なのですが、欧米諸国では多種多様な民族、宗教、文化が生まれた時から身近にあるため、自分とは異なる見た目・考え方を持つ人たちと共存していかなければなりません。日本人のようにいちいち自分や他人の見た目を気にしていたらとても生きていけないのです。

日本ではみんな黒髪で肌の色が肌色をしていて身長も体型も似通っていますよね。しかし海外では金髪や茶髪もいれば赤髪の人もいますし、肌の色も白っぽい人もいれば黒っぽい人も日本人のように肌色をしている人もいます。もちろん体の大きい人もいれば小さい人もいますし、肥満の人も痩せている人も筋肉質の人もいます。向こうではそれが当たり前なのです。ですから例え肥満だったとしても自分の体型を気にする人は日本人ほど多くなく、そもそも色んな見た目の人がいるので肥満自体がそれほど特殊だと感じないのです。太っている人が大勢いる中で太っていても問題ではないですし、元々痩せている人たちも「色んな人がいる事が当たり前」なので大してそれを指摘しないという理屈です。どれだけ問題提起されていても自分が肥満だという事に気づかなかったり、あるいは気づいていても全く気にしなかったりする人も多いそうです。ちなみにそれだけ多種多様な民族が入り乱れる環境であっても、例えば痩せ型の人が多いような環境では太っているという見た目による差別は普通に起こります。海外だろうが日本だろうがその点は変わらないようです。

当の日本では「自分が自分をどう思うか」よりも「自分が周囲からどのように見られているか」を優先します。加えてダイエットに関心が高いこの国では「痩せ型が当たり前」なので、それ以外の「太っている」という事が「攻撃的な視線の的になるのではないか」と思ってしまうのです。実際に指摘してくる人もいますが、多くの人は仮に周囲から何か指摘されなくとも、被害妄想か(そこまで注目されていないのに周囲から太って見えているように思う等)のように周囲の視線から逃れようとします。周囲からの無言の圧力によって「痩せなければ」と強い使命感を感じるのです。それによってダイエット志向はどんどん加速していきます。


ダイエットは結果として心身に無理を強いてしまう

我々の日本では男性よりも女性の方がダイエットに対して高い関心を持っており、おそらくほとんどの日本人女性にダイエットの経験があると思います。女性がダイエットを始める大きなきっかけになるのが「思春期前後の女性ホルモンの分泌」です。

女性は早い人で小学校中学年(小学校四年頃)頃から既に大人の体になるための準備が始まる人もいます。この大人の体になるための準備を一般的に「思春期」と言い、女性が思春期を迎えると女性ホルモンが大量に分泌されます。女性ホルモンには脂肪を蓄える役割があるため、大量分泌の影響により胸だけでなく全身に脂肪がつきやすくなります。何故脂肪を蓄えようとするかというと、単純に脂肪が子どもを生むために必要だからです。特に妊娠中は胎児に栄養を配分しなければならず、通常よりも多くの栄養を摂らなければなりません。すなわち妊娠中に栄養が不足すると一気に飢餓状態になる可能性があり、万が一にでもそれを防ぐために脂肪を蓄えようとするのです。

もし食べ物をしばらく食べる事ができない状態が続いたとしても、脂肪をエネルギーとして利用する事ができれば、少なくともその間は生き長らえる事ができます。例え飢餓状態に近い状態であっても脂肪があれば自分の遺伝子を残せる可能性が高くなる訳です。脂肪はエネルギー源として非常に優秀なんですね。これは言い換えれば「子どもを生むための準備」の一つで必然であり、誰も抑える事はできません。しかし思春期を迎えた多くの女性はその急激な変化に耐えきれず、無理なダイエットをしてそれを抑えようとしてしまうのです。何故「無理な」と言えるかというと、多くの人が行うダイエットが「結果として体に無理を強いる」事になるからです。

おそらく男性女性問わずほとんどの日本人は「日本人は痩せ型が当たり前で肥満が特殊」だと考えていると思います。それはダイエットをしている当事者ももちろんですが、「自分の周囲の人もそう考えている」という事を皆が知っています。そのため日本では「太っている人はダイエットをする」という「当たり前とされている事をしない人」や、「痩せ型という当たり前から外れる肥満の人」を強く敵視するという事がよく起こります。ダイエットをするきっかけや目的はどうあれ、周囲の視線から「しなければならない」と強いられる状態になりやすくなるのです。そうして周囲の視線を気にしている人ほど「体重が増える=肥満」という固定概念は強く、体脂肪率的に見れば平均的なのに「体重が増える=自分は太っている」と勝手に思い込んでしまいます。その結果、ダイエットを生活習慣の一部として思春期以前から繰り返すようになるのです。ですので自分の意志でダイエットをしていると思っていても、実際には「ダイエットをしなければ」という強い使命感に駆られており、自分が気づかぬ内に「結果として心身に無理を課している」のです。


ダイエットは女性ホルモンの分泌量を減らしてしまう

特に女性は「同性に同調を求める」傾向が強いと言われています。女性がダイエットをする最初のきっかけの多くは、「周囲の女性が自分の体型を気にするようになりダイエットを始めたから」という場合がほとんどです。「男性にモテたいからダイエットをする」と口では言っていても、実際には「同性に遅れないため」「同性に嫌われないため」「周囲がしているから」という理由でダイエットをするのです。そうして周囲に同調する事で孤立を防ぎ、自分の立場を守ろうとするんですね。まぁそれは流行に敏感な日本人なので男性も同じなのですが、女性においては特にその傾向が強いと私は考えています。

女性にとっては「ダイエットをしない事」自体が「その人にとって」大きなストレスになり、それによって思春期における急激な体型の変化をますます受け入れる事ができなくなります。ダイエットをして周囲の人と同調していないと置いて行かれ、孤立する気がして酷く不安になるんですね。もちろん思春期における急激な体型の変化はいずれ落ち着いていきますが、「ストレスから逃げようとする」のが人間の本能であり、その逃れたい一心でダイエットをしてしまいます。そうして思春期中にダイエットをすると実は思春期中の女性ホルモンの分泌量は少なくなります。女性ホルモンは女性にとって美容にも関わる非常に重要なホルモンですよね。例えば髪の毛や肌を綺麗に保ったり、胸を大きくしたりするためには女性ホルモンが必要不可欠です。しかしダイエットをする事で女性ホルモンが減少し、実際には「美容」とは真逆の結果になっているのです。

何故ダイエットによって女性ホルモンの分泌量が少なくなるかというと、単純に「女性ホルモンを作るための栄養が不足してしまう」からです。「ダイエットをして痩せよう」とした時、ほとんどの人が「食事制限の事しか考えないダイエット」をしてしまいます。食べる量が減れば体重は確かに減りますが、当然女性ホルモンを作るための材料も不足します。意外と知られていませんが女性ホルモンの材料は「コレステロール(脂肪)」やアミノ酸です。ほとんどのダイエットでは女性ホルモンの材料となる糖や脂肪、肉などに含まれるアミノ酸を極端に制限します。脂肪の含まれる動物性の食品を極端に制限する事で女性ホルモンを作る事ができず、その分泌量が減ってしまうのです。

例えば脂肪の多い肥満体型ではそのほとんどの人が胸も大きいですよね。これはもちろん全身の脂肪の量が多い=胸も大きいのですが、全身に脂肪が付いている事で女性ホルモンを作るための材料が増えた事も理由の一つです。欧米の人は日本人と比べると胸が大きいですよね、それはこういう事なのです。すなわち女性ホルモンの分泌量を減らさないためには、その材料となる脂肪を「最低限体に必要な量は摂る事」が極めて重要になります。女性はダイエットをしながら胸を大きくしたい、胸を残したいという事を言いますが、この事を考えれば食事を制限するだけのダイエットではそれが困難なのはよく分かると思います。脂肪を摂る量を制限するのではなく「脂肪の代謝」を改善する方を優先すべきです。ちなみに思春期以降では思春期中ほど女性ホルモンの分泌量が急激に増える事はないので、この機会を逃すと胸を大きくする事は難しくなります。思春期以降は全身の脂肪の増減によって胸の大きさが変わるだけです。

ダイエットはそのダイエットを行っている間だけは、「ダイエットをしている=努力している」事で一時的には自分を満足させるかもしれませんが、極端に食事の量を減らす事で女性ホルモンを減少させ、美容とは真逆の結果に繋がるという事を強く認識すべきです。何より思春期中は将来元気な赤ちゃんを生むための準備を行う期間です。将来元気な赤ちゃんを生むためにも、女性ホルモンを正常に「分泌し続ける」ようにしましょう。思春期中やそれ以降に食事制限の事だけを考えたダイエットをするという事は、将来自分が出会うであろう子どもにとっても良くないという事を強く認識すべきです。

そして何より問題なのは、ダイエットをしている人の多くが「自分の子どもへの影響」について何ら考える事なく親になってしまうという事です。若い頃から続けてきた「健康に対する偏った考え方」は必ず蓄積されており、いざ親になった時、それを当たり前のように子どもに押し付けてしまうでしょう。「遺伝だから」「日本人は元々身体が小さいから」と何も対策をせずに自分の子どもの将来を勝手に決めていませんか?自分の考える当たり前をただ続けるだけでは未来を切り開く事はできないのです。


小さい頃からのダイエットは思春期を不安定にさせる

女性の多くは思春期以前から継続してダイエットを行っています。上記のように思春期中にダイエットを行うと女性ホルモンが減少してしまうのですが、思春期以前からダイエットを続けていると、それに加えて「女性ホルモンの分泌が不安定になる」という事が起こります。何故ダイエットによって女性ホルモンの分泌が不安定になるかというと、これには別のホルモンである「メラトニン」が深く影響しています。メラトニンは睡眠に深く関わるホルモンなのですが、実は「性ホルモンの分泌をコントロールする」という重要な役割があります。すなわちメラトニンの分泌が不安定になる事で性ホルモン(女性ホルモンも男性ホルモンも)の分泌が不安定になるのです。

日本人が考えるダイエットの多くは食事制限がメインのダイエットですので、運動を行わずにダイエットをしようとする人がほとんどだと思います。運動は体だけでなく脳に刺激を与える事ができ、適度な運動は筋肉だけでなく脳にも疲労をもたらします。脳の疲労は睡眠でしか摂る事ができないため、疲労が蓄積すると自然とそれを休養(睡眠)によって取り除こうとします。例えば遠足などで歩き疲れていれば眠気を感じますよね、それと同じ事です。つまりメラトニンをしっかりと分泌させて深い睡眠を摂るためには、昼間の内に体や脳を動かしてある程度の疲労を感じさせる事が必要になります。疲労させる事で「睡眠の必要性」が増し、睡眠に関わるメラトニンの分泌も活発になる訳です。逆に言えば単に食事を減らすだけではそれができないので、ダイエットによる食習慣の乱れが睡眠習慣の乱れにも繋がるという訳です。

またこのメラトニンは「トリプトファン」というアミノ酸の一種から作られています。トリプトファンはタンパク質を構成する必須アミノ酸の一種で、肉や魚などのタンパク質を含む食品に含まれています。食事制限がメインのダイエットでは肉や魚など動物性の食品を敬遠する事が多いですよね。ダイエットによってそれらのような食品を食べる機会が減れば、当然メラトニンの材料であるトリプトファンが不足する事になります。

このようにダイエットを行うとメラトニンの分泌が不安定になりやすくなり、メラトニンの持つ「性ホルモンの分泌をコントロールする」という事ができなくなります。思春期に近づけば近づくほど性ホルモンの分泌をコントロールするために必要なメラトニンの量は増えるので、コントロールしきれなくなった途端に性ホルモンが不安定に分泌されるようになるのです。それによって女性にも存在する男性ホルモンの分泌が不安定になれば、例えば「思春期前後になると体調が悪化する」「思春期を早くに迎える」「急激に思春期が進行する」「急に思春期が終わる(成長が止まる)」「女性らしい体つきが失われる(男性化する事もある)」という事も起こります。


●ダイエット・美容に関する余談集

1.男性の標準的な体脂肪率は10%〜15%、女性は20%〜25%とされているので、ダイエットをする際にはこの範囲内を目指して行う事が美容・健康のためにもベストです。女性で20%〜25%と聞くと多いように思えますが、全身にバランス良く脂肪が散らばっていれば「太って見える」事はありません。女性においては女性ホルモンの分泌をコントロールし分泌量を増やす事で、脂肪の代謝が適切になるため胸へ脂肪が集まるようになり、二の腕やお腹など体の一部に脂肪が偏る事を抑える事ができます。その上で筋肉をつければ更に体のラインが綺麗になり、メリハリのあるいわゆる「グラマー体型」になります。海外の女性が皆日本人離れして見えるのは筋肉量が多いからで、脂肪があっても筋肉があれば太って見せない事もできるのです。

2.「有酸素運動」は脂肪を燃やすために効率的な方法ですが、「きつくてつらい」時点で脂肪ではなく糖が燃える「無酸素運動」になっている可能性があります。有酸素運動の効果を得るためには長時間続けられるよう苦しくない強度まで下げる事が重要です。ちなみに有酸素運動を行い続ける事によって女性が上記の体脂肪率以下になると、全身の脂肪の減少に伴って当然胸も小さくなります。女性ホルモンの分泌が適切であれば胸に脂肪が集まってくるはずなので、やはり上記の体脂肪率を維持すべきです。

3.半身浴は体温の調節機能を鍛えたり、老廃物を外へ出すなどのデトックス効果は期待できますが、運動を伴っていないため実は脂肪の燃焼効果はありません。あくまで脂肪を燃やしやすくするだけで、脂肪を燃やすのは有酸素運動だけなのです。また体温が上がる事で汗をかくので自律神経を鍛える事ができますが、適切な水分とミネラル補給をしなければ逆に脱水や乾燥を招く事があります。尚、これは辛い食べ物についても同じ事が言えます。体温が上昇して汗はかきますが脂肪は燃えません。あくまで「燃えやすくなっている」だけです。また辛い食べ物は日本人の舌に合うように塩分と糖分が多めに使われており、毎日毎日食べていると塩分過多・糖分過多となり肥満の原因になる事もあります。

4.食物繊維は糖の吸収を抑え便通を改善する事ができますが、摂り過ぎると逆に腸内環境が悪くなり、ビタミンやミネラルなど体の必要不可欠な栄養素の吸収も悪くなります。そもそも食物繊維自体消化が難しいものですので、便通を食物繊維だけで整えようとするのが大きな間違いです。睡眠習慣を改善しホルモンバランスを整え、運動習慣を改善してお腹周りの筋肉を使いましょう。その上で栄養バランスの良い食事を摂るができれば自然と便通は改善されていきます。


スポンサーサイト


PR
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座