<< 必須アミノ酸と必須アミノ酸以外の重要なアミノ酸(別ブログリンク) | main | 腸内環境を整える事がバストアップに繋がる?(別ブログリンク) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本人の行うダイエットの方向性について考える(簡易版)

胸は脂肪です。ダイエットではその脂肪を落とす事を目的にするため、胸が萎んでしまう可能性もあります。ここではそんな「バストアップとダイエットの両立」について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

尚、当記事は簡易版です。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ダイエットで低身長?エネルギー不足に注意しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ

日本人のダイエット思考は間違った方向へ行っている

日本人は「自分自身をどう思うか」よりも、「自分が周囲からどう見られているか」を優先します。これは日本人に「多数の意見の方が正しい」という集団主義の考え方があるからです。例えば日本は世界的に見ても先進国の中ではトップクラスに治安の良い国ですが、それが長く維持できているのは集団主義も一役買っています。一方、集団としての考え方は時に間違った方向に行く事もあり、そんな時、個人では修正するのが難しいという悪い面もあります。

また日本人は世界的に見てもダイエットに対する関心が高いと言われています。実はこれが問題で、前述の集団主義と合わさる事で、間違った方向へ関心が向かっています。特にダイエットにおいては「特定の栄養素あるいは食べ物を意識的に摂取すれば痩せる」「特定の栄養素や食べ物を制限すれば痩せる」という考え方が強く、多くの日本人が「痩せた方が健康になれる」「痩せた方が美しくなれる」とし、またそのような食習慣を続ける事で「長寿に繋がる」などと本気で信じています。

そもそもダイエットに高い関心を抱く以前から、日本人は痩せ型が多数を占めています。これは日本人に限らず、アジア全体でそうです。しかし日本人はそのように強い集団主義がある関係で、多数から外れる存在、すなわち少数となる「痩せ型以外の体型」をイレギュラーな存在と考えてしまいます。実際に指摘される事は稀ですが、指摘されなくても周囲に合わせる事を優先するので、「自分が少数なのではないか?」という懸念を常に抱いています。そのため「自分は特殊?=変わっている?=異常?=おかしい?」と思い込みやすく、「孤独にならないように痩せなければ」と強い使命感を感じてしまいます。

多くの日本人がダイエットに勤しんだ結果、国民全体に「健康に対する正しい知識」が身につけば良いのですが、実際にはそのように間違った方向へ進んでおり、「正しい知識を得る」事の妨げになっています。何故そのような事になるのかというと、強い使命感によって「〇〇で痩せる」という部分ばかりを先行させ、事実を二の次にしてしまうからです。つまり攻撃的な視線による恐怖から逃れる事を優先するために、「痩せる」事の妨げになるような、「不都合な事実」は見て見ぬ振りをしてしまうのです。

例えば摂取エネルギーを制限すれば脂肪は落ちます。しかし筋肉も一緒に落ちます。またそれによって基礎代謝を低下させ、ダイエットをする以前よりも太りやすい体質になります。つまりリバウンドしやすくなります。この事はあまり知られていません。情報に対して受け身になっているので、正しい知識が身につかない訳です。その結果、心身に無理を強いるような事、効率の悪い事ばかりを繰り返す羽目になっています。


ダイエットに対する考え方を改めるべき

例えば「クビレ」。クビレとはそもそもどういうものかというと、これは胸の大きさ・お腹周りの細さ・お尻の大きさという「大きい部分と小さい部分の差」がもたらすものです。特に筋肉は鍛える事で大きくする事ができます。そのためバスト(胸と背中)、及びヒップ(お尻)にある筋肉を鍛えれば、ウエストの細さを強調させ、体の凹凸を際立たせる事ができます。それによってクビレを作れば、いわゆる「グラマーな体型」に見せる事ができます。

また筋肉は皮膚や脂肪を下から押し上げてくれます。このため筋肉が大きくなると、皮膚に「ハリ」が生まれます。それにより体脂肪率が多少高くても、皮膚が弛んでいない事で「太っているように見せない」事もできます。海外の人を見ると、日本人にはあり得ないようなグラマーな体型に見えると思います。もちろん骨盤の傾きなど、生まれつきの骨格も関係していますが、その骨格を更に強調しているのが実は筋肉です。

一方、多くの日本人は筋肉を鍛える事とは真逆の方向へ進みます。腕が太くなるとか足が太くなるとか、色々な理由をつけ、体動かさずに痩せようとします。食事を減らせば確かに脂肪は減ります。しかし筋肉が落ちるので、むしろ体の凹凸は目立たなくなり、クビレは失われてしまいます。また前述のように筋肉が落ちる事で基礎代謝も落ちるので、しばらくすれば体型は元に戻ります。つまりまた同じダイエットを繰り返す事になります。


ちなみに胸は脂肪です。このため筋トレを行う事で胸が萎んでしまう?と考える人もいますが、実は筋肉を効率良く大きくするためには「脂肪をある程度蓄えた状態である事」が重要です。これは何故かというと、脂肪はエネルギーとして優秀であり、その脂肪が体にあるという事は、すなわち「摂取量と消費量のバランスが良い状態=筋肉が大きくなるための条件が揃っている」からです。

確かに筋トレはハードなものほど消費量が激しいです。ならばそれを上回るようにしてエネルギーを摂取すれば良いだけではないでしょうか。そうすれば胸の脂肪も維持できます。ハードな筋トレと聞くとボディビルダーなんかをイメージしますが、そもそもボディビルダーも、年がら年中、体脂肪率が一桁という訳ではありません。実際はコンテストの前後だけ体脂肪率が異常に低く、筋肉を大きくする増量期では、見違えるほどに脂肪を蓄えている人もいます。これは画像検索すればすぐに出ます。

つまり脂肪はそれだけ筋肉を大きくするために重要なものなんですね。まぁそこまで行かなくても、一般人レベルでもそれは同じで、胸を維持しながら筋トレを効率良く行うためには、摂取量と消費量のバランスが重要な訳です。筋トレをしたからといって、すぐに胸が萎む訳ではありません。これもダイエットと同じで、認識を変えるべきではないでしょうか。


ダイエットは睡眠の質も低下させる事がある

女性では思春期を迎える前からダイエットを行う人もいると聞きます。実はそうして小さい頃から食事制限を繰り返すと、人によっては「思春期を早くに迎える」可能性もあります。特にこれには「メラトニン」というホルモンが関係しています。

メラトニンは太陽が沈む夕方〜夜間にかけて分泌が促され、逆に太陽が昇ると分泌が減ります。つまり睡眠習慣に合わせて分泌され、脳や体へ睡眠に入るための準備をさせ、睡眠の質を高める役割があります。では、何故それが思春期に影響するのか?ですが、実はメラトニンには「性成熟を抑制し、性ホルモンの分泌をコントロールする」という別の役割もあります。これが重要なのです。

特に「性ホルモン」と聞くと、思春期以降に分泌されるイメージです。しかし実際は思春期以前から分泌されており、その蓄積によって思春期のスイッチが入ります。つまりメラトニンはそれを抑え思春期を遅らせ、いわゆる「早熟」を防いでいる訳です。このためメラトニンの分泌が不安定になると、思春期前後の性ホルモンの分泌も不安定になり、思春期を早めたり、思春期中のホルモンバランスを崩す原因になる事があります。

では、それが何故ダイエットと関係しているのか?ですが、このメラトニン、実は昼間に分泌されるセロトニンから作られます。セロトニンは太陽の光を浴びる事で分泌が促され、精神を安定化させ、活力をもたらしてくれます。つまり昼間の行動が結果として睡眠の質にも関係してくる訳です。そして更にこのセロトニン、実は必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。特にこのトリプトファン、動物性の食品に多く含まれており、ダイエットではそれを制限する事が多いですよね。つまり無理なダイエットは結果として睡眠の質を低下させ、性ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼす訳です。

尚、セロトニンですが、ストレスを受けた時に分泌されるドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのホルモンを制御する役割もあります。つまり無理なダイエットは、ストレス耐性にも悪影響を及ぼす事があります。特にストレスを発散する手段が少ない人の場合、ストレスを食事に向けてしまう事もあります。当然それはリバウンドの原因にもなるでしょう。そうしてまた戻る度にダイエットを行う訳です。無駄が大きすぎませんか?

そのループから抜け出すためには、ダイエットに対する根本的な考え方を変えなければなりません。『そもそも何をもって「痩せた」とするのか』・・・今一度考えるべきではないでしょうか。


スポンサーサイト


PR
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座