<< バストアップのための筋トレ(姿勢改善) | main | 脳や筋肉を動かすためにブドウ糖を摂ろう >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


バストアップのための筋トレ(クビレ強調)

この記事ではバストアップのための筋力トレーニングについて私なりに考えた事を書いています。特に脇腹やお尻にある筋肉を鍛える事による「クビレ強調」を目的にした筋トレ法を紹介しています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

クビレ強調によるバストアップ効果

どんなに脂肪や筋肉がついていない痩せている人でも、正面から見れば必ず胸やお尻は大きく見えます。これは何故かというと人間の体の構造として胸には胸骨や肋骨などが、お尻には骨盤などがあり、胸やお尻は骨格的に大きいのが普通だからです。一方、お腹の正面や側面には骨がないため、骨格的には胸やお尻より太くなる事はありません。よって単純に全身の脂肪を落とせば落とすほどそのような骨格的な特徴がはっきり出るため、胸やお尻が大きく見え、ウエストも細く見える事になります。

何が言いたいのかというと、実はウエストは細ければ細いほど胸の大きさを強調させる効果があります。すなわち胸・お尻とウエストの差による「クビレ」を作る事ができれば、間接的に胸やお尻を大きく見せる事ができるのです。もちろんこれは単に「痩せる」という事ではありません。全身の脂肪を落とし体重を減らせば確かにウエストを細くする事はできますが、同時に胸やお尻にある脂肪・筋肉までもが落ちてしまい、それでは胸の大きさを強調できるだけの効果は期待できません。

クビレによって胸を大きく見せるために重要となるのは、「胸に脂肪が集まるように脂肪の代謝を改善する」「背中や胸の筋肉を鍛えて胸囲を増やす」「お腹周りの筋肉を鍛えてウエストを細くする」「お尻の筋肉を鍛えて大きくする」などが挙げられます。特にこの記事では「お尻の筋肉を鍛える事」を解説していきます。お腹周りの筋肉を鍛える方法については他の運営ブログに掲載しているのでそちらをご覧下さい→腹筋を割る方法について考えてみた


お尻にある筋肉を鍛える筋トレ

お尻にある筋肉としてはお尻全体の大きな「大臀筋」と、大殿筋の斜め上及び正面から見た時のお尻の横には小さな「中臀筋」があります。正面から見た時にウエストを細く見せるためには特にこの中臀筋が重要になります。また中臀筋は背骨が不必要に捻られるのを防ぐ役割があり、鍛えて機能させる事で腰痛予防にもなります。

●大臀筋
1.うつ伏せに寝て両脚を揃えて伸ばし、手は頭の横へ添える。
2.片方の足を上へ持ち上げていく。
この際、もう片方の足〜肩までは床にピッタリとつけておく。
3.足の踵ではなく膝の裏を天井へ近づけるイメージで、股関節を軸に太ももをできるだけ持ち上げる。
4.5秒キープして太ももを下ろす。
5.1を維持したまま2〜4をゆっくりと繰り返す。
(応用編:肘と膝立ちの四つん這いで行う。膝の裏側に重りをつけて行う等)

●太腿の裏側、お尻、背中にある筋肉
1.仰向けになって寝て膝を曲げる。
2.腰を床から浮かせて持ち上げる。
3.5秒キープして戻す。
4.1を維持したまま2〜3を繰り返す。
(応用編:片足を伸ばして浮かせた状態で行う。)

●中臀筋と腹斜筋(腰痛予防にも効果がある)
1.体を一直線にして横這いになり、上になっている方の足を伸ばしたまま少し後ろへ引く。
2.上になっている方の足の内踝を床につける。
3.内踝を浮かせていき、外踝を天井へ近づけるように太ももごと持ち上げる。
4.5秒ほどキープし足を降ろす。
5.1を常に維持しながら2〜4をゆっくりと繰り返す。


スポンサーサイト