<< お尻の筋肉を鍛えてバストアップ(クビレ強調) | main | アルギニンを摂取してバストアップ >>

脳や筋肉を動かすためにブドウ糖を摂ろう

バストアップしたいからと言ってどれだけ体に良い行いをしたとしても、脳が正常に働いていなければ意味がありません。ここでは脳を正常に働かせるために必要なブドウ糖について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

ブドウ糖の役割について

細胞のエネルギーとして利用される糖には様々な種類がありますが、その糖の一種として「ブドウ糖」があります。ブドウ糖は糖の中で最も単純な構造をしている単糖類の一種で、非常に消化・吸収が速いという特徴を持っています。吸収が速いので血糖値が急激に上がるリスクはありますが、エネルギーとして速やかに利用する事ができます。

特に糖の必要量が多いのが脳や筋肉です。一時的に糖が不足すると脳や筋肉の働きが鈍くなり、頭がボーッとしたり、体が重くなったりします。ブドウ糖はそんな時にも速やかに代謝され、すぐにエネルギーを補給できます。尚、人間は単糖類の形でしかエネルギーとして利用する事ができません。その意味でもブドウ糖は非常に重要なエネルギー源です。

ちなみに糖は肝臓や筋肉内にグリコーゲンという形で蓄える事ができます。筋肉内に蓄えられた糖は、筋肉の収縮の際のエネルギーとして利用されています。そのため筋肉が大きくなるほど糖の消費量及び蓄積量は増え、血糖値の抑制に繋がる可能性があります。一方、肝臓内に蓄えられたグリコーゲンは摂取した糖を一時的に蓄え、糖質制限や激しい運動などによって体内の糖が不足し、糖が必要になった時に全身へ糖を補給します。しかし筋肉内で一旦グリコーゲンとなったものは、筋肉内のエネルギーとしてのみ利用されます。


ブドウ糖を多く含む食品について

ブドウ糖を得られる食品としては、お菓子や果物に含まれる「砂糖(加工していない粉のまま)」が代表的です。砂糖はブドウ糖と果糖(これも単糖類)が結合したショ糖(スクロース)が主成分で、体内で速やかに代謝されてエネルギーになります。他では米、パン、麺、芋などがあり、これらの主成分はブドウ糖がたくさん連なったデンプンです。デンプンはブドウ糖よりも代謝は緩やかですが、一度に吸収されるブドウ糖の量が非常に多いため、同じように急激に血糖値を上昇させます。逆に言えばそれだけ脳や筋肉のエネルギー源として有用という事です。

しかし余った糖は時間が経過すると脂肪として蓄積します。この脂肪がしっかり胸に集まってくれれば、バストアップに繋がる事もあるのですが、そう都合良くは行かず、実際には全身に脂肪が蓄積してしまいます。よって重要なのは「糖は糖として利用する」「脂肪は脂肪として利用する」という事です。特に糖は筋トレのような短時間で大きな力を発揮するような運動で消費され、また前述のように消費された後には筋肉内に蓄える事ができます。その循環を作り、脂肪へと変換される量を最低限に抑えるようにしましょう。

もちろんこれは「糖を制限する」という事ではありません。糖を制限して体内の糖が枯渇すると、糖新生と言って脂肪や蛋白質を分解してエネルギーを得るようになってしまいます(糖質制限下で過度にカロリーが制限されると、脂肪よりも優先的に蛋白質が分解されるという事は意外と知られていない:後述)。そうすると胸は確実に萎みます。よって「糖が不足しない程度の運動と食事をする」という事も重要なのです。


脳は糖の消費量が激しい=糖は必要不可欠なもの

脳は睡眠に入っていない限りは常にどこかの機能が働いています。例えボーっとしている時でも体温を調節したり臓器を働かせるなど、生きる上でその活動はなくてはなりません。また脳を休めるために必要な睡眠でさえも、浅い眠りの「レム睡眠」の時には脳が活動(記憶の整理など。もちろん体が動いていない分、休む事はできる)しているので、実質脳は深い眠りの「ノンレム睡眠」の時にしか真に休養する事ができません。つまりそれだけエネルギー消費が激しいのです。

バストアップという点で言えば、脳は「性ホルモンや成長ホルモンの分泌」も司っています。脳のエネルギーが切れ、ブドウ糖が足りなくなると脳の活動は鈍くなり、そういったホルモンの分泌までも狂う事があります。そのような状態の脳では臓器のコントロールも上手く行かなくなるので、せっかく摂取した栄養も効率良く吸収する事ができなくなるでしょう。

何が言いたいのかというと、最近では糖=悪のようなイメージが強くあり、糖質制限こそが正義のような風潮があります。しかし前述のように糖はエネルギーとして必要不可欠なものであり、それを制限した際のデメリットの方が実際は大きいのです。そもそも糖質制限が必要な時点で、生活習慣が乱れている証拠です。食習慣を改善するだけで痩せる事ができたとしても、食習慣以外の全体的な生活習慣を見直さなければ、また同じ事を繰り返すだけです。

ちなみにバストアップとは直接関係ないですがついでに説明しておきます。「炭水化物制限(糖質制限)ダイエット」は「糖を一定期間制限して脂肪の分解を促すダイエット法」です。糖を制限すると細胞を動かすエネルギーが不足するため、脂肪を分解して得たケトン体を糖の代わりにエネルギーとして使います。しかし実際には脂肪だけでなく蛋白質も一緒に分解されます。特に糖を制限すると食事全体のカロリー確保が難しくなり、基礎代謝よりも低くなってしまいます。それにより前述したような省エネ状態になり、脂肪よりも蛋白質の分解が優先される事があります。つまり糖質制限では蛋白質や脂肪をむしろ意識的に摂取してカロリーを確保しなければならないのです。見様見真似で実践するのは非常にリスキーだという事を認識すべきです。


脳を真に休める方法は睡眠が最も効果的

脳を休める方法は何と言っても睡眠です。休日に趣味に走るのも良いのですが、それはストレス解消にはなっても脳にとっては休息にはなりません。よって脳を真に活動的にするためには、睡眠習慣の改善が欠かせません。特に「毎日同じ時間に寝て、毎日同じ時間に起きる」ような規則的な睡眠習慣を取るようにしましょう。尚、睡眠については過去記事でも解説しているのでそちらをご覧下さい。


★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト