<< 脳や筋肉を動かすためにブドウ糖を摂ろう | main | ジオスゲニンでバストアップ?摂取方法や注意点等 >>

アルギニンを摂取してバストアップ

アルギニンは蛋白質を構成するアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌やコラーゲンの合成など、重要な役割を持っています。ここではそんなアルギニンについて私なりに考えた事を書いてみます。尚、詳細については別ブログ『身長を伸ばす方法について考えてみた』にある「アルギニンを摂って身長を伸ばそう」にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ

アルギニンは必要量の多いアミノ酸

蛋白質は様々な種類のアミノ酸から作られています。その中でも「必須アミノ酸」は蛋白質を構成する最も基本的なアミノ酸で、不足すると蛋白質を効率良く作る事ができなくなります。しかも必須アミノ酸には9種類あり、どれか一つでも欠けると蛋白質を効率良く作る事ができなくなります。意識的に摂取し続ける必要があるでしょう。

一方、アルギニンもアミノ酸の一種で、体内では必須アミノ酸から合成する事ができます。よって必須アミノ酸を摂取できていれば不足する心配がないように思えますが、アルギニンは成長ホルモンの分泌やコラーゲンの合成などの役割を持っており、必要量の多いアミノ酸です。特に成長期の子どもでは合成する能力が未熟な事もあり、不足すると身長の伸びなど発育に悪影響を及ぼすと考えられています。そのため成長期におけるアルギニンは「準必須アミノ酸」とも呼ばれているほどで、それだけアルギニンは重要なアミノ酸だと言えると思います。


アルギニンが何故バストアップに効果があるか

そのようにアルギニンはコラーゲンの合成に深く関与している(コラーゲンの材料として)と言われています。コラーゲンは靭帯や皮膚に多く存在しており、組織の強度・弾力性・水分量などを維持する役割があると考えられています。もちろん摂取する事で、それが直接バストアップに繋がる訳ではありませんが、摂取する事で害があるものではありませんので、決して損はないでしょう。

コラーゲンを口から摂取して効果があるのか?については様々な説がありますが、少なくともコラーゲンを摂取する事でそれを合成するための材料を補給する事はでき、また一説によればコラーゲンを摂取する事で、コラーゲンの合成に関わる酵素が活性化されるとも言われています。個人的には意識的な摂取をオススメします(コラーゲンにもアルギニンは含まれる)。尚、コラーゲンの合成にはビタミンCが必要です。コラーゲンだけ、アルギニンだけを摂取するのではなく、ビタミンCも一緒に摂取すべきでしょう。


アルギニンと関係の深いシトルリンとオルニチンについて

アミノ酸の一種として「オルニチン」や「シトルリン」があります。このオルニチンやシトルリンは、アルギニンと共に「尿素回路」の中で働き、老廃物の排出を促す役割があると言われています。よってこれらのアミノ酸を摂取するという事は、解毒作用を持つ肝臓や、老廃物を排出する腎臓の負担を軽減する事に繋がる可能性があります。

尚、アルギニンとは違い、オルニチンやシトルリンは蛋白質を構成しているアミノ酸ではなく、尿素回路の過程で作られるアミノ酸です。ですのでアルギニンのように必要量は多くなく、必須アミノ酸が不足しない限り意識的な摂取は必要ありません。一方、尿素回路内においてはアルギニンがシトルリンへ変換される際、血管の拡張に必要な「一酸化窒素(いわゆるNO)」を作り出しています。実はそれによって末梢の血流を促す作用があると言われており、この作用を目的として摂取するという事も考える事ができます。


アルギニンに関係するサプリメントの紹介

前述のようにアルギニンはアミノ酸の一種なので、食品から摂取したい場合、一般的に「蛋白質を多く含む食品」を食べれば良いでしょう。例えば肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品、ナッツ類などですね。その中でも特に多く含まれているとされているのが大豆とナッツ類です。それらが苦手な人は、下記のようなサプリメントを利用するのもオススメです。

Amazon商品リンク

バルクスポーツ シトリックアルギニン

これはアルギニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法についてですが、運動目的でない場合、1〜2gを小分けにし、間食時及び空腹時に摂取すると良いと思われます。一方、運動前に摂取する場合は5g程度が目安です。摂取量の目安は特に定められていません。他所では「1日5g」などと紹介している所もありますが、運動目的の場合、運動前の摂取に加え、起きた後や寝る前に1〜2g程度を小分けにして摂取すると良いでしょう。



スポンサーサイト