<< 乳製品でバストアップ?脂肪を適度に摂取しよう | main | 必須アミノ酸とアミノ酸スコアについて >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


大豆でバストアップ?大豆イソフラボンの効果

ここでは蛋白質・ビタミン・ミネラルをいずれも豊富に含む「大豆」について、私なりに考えた事をまとめています。またバストアップ効果があるとよく言われる「大豆イソフラボン」についても合わせて解説しています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『大豆は筋肉に良い?含まれている栄養素とその効果』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ


蛋白質・脂肪が豊富な大豆について

大豆は植物性の食品の中では例外的に蛋白質が豊富です。必須アミノ酸のバランスも動物性の食品に引けを取らないと言われており、蛋白質の材料として、動物性の食品の代替として有用な食品です。また大豆油もあるように大豆には脂肪も豊富に含まれています。ただし動物性の食品とは違って飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸の比率が高く、特に必須脂肪酸であるリノール酸が豊富に含まれています。そのためバストアップのための材料として脂肪を摂取するという意味でも大豆は有用です。

ちなみに大豆に含まれるのはω-6脂肪酸の方です。必須脂肪酸のバランスを重視するにはω-3脂肪酸を含む亜麻仁油・エゴマ油・青魚等を食べるべきです。

※参考記事
必須アミノ酸とコラーゲンの摂取について
9種類の必須アミノ酸・それぞれの役割について
必須アミノ酸とアミノ酸スコアについて


大豆はビタミンやミネラルも豊富

大豆にはカルシウムの吸収を促進させるビタミンKが豊富に含まれています(女性はカルシウムが不足しやすい)。その含有量は全ての食品の中でもトップクラスと言われており、カルシウムの不足しやすい女性にオススメです。特に「ひきわり納豆」に多く含まれています。尚、ビタミンKは腸内細菌によっても作る事ができますが、それが作られるのは栄養が吸収される場所よりも遠い場所であり、基本的には食事からの摂取が必要です。

また大豆にはビタミンB群も豊富に含まれています。ビタミンB群は酵素の働きを助ける補酵素として機能するビタミンで、糖・蛋白質・脂肪の代謝に必要不可欠な栄養素です。このビタミンB群も腸内細菌によって作る事ができますが、それだけでは不足する事があります。尚、水溶性ビタミンのため体の長期間蓄えておく事ができません。そのためサプリメントからの追加補給もオススメです。

更に大豆にはカリウム(ナトリウム排出、水分代謝、筋肉の収縮制御等)、マグネシウム(代謝の補助)、鉄・銅(酸素運搬)、亜鉛(成長ホルモン分泌、蛋白質合成等)などのミネラルがいずれも豊富に含まれています。いずれも重要ですが、この中では特にマグネシウムと亜鉛が重要です。また女性では貧血予防として鉄・銅も重要になるでしょう。このように大豆は全体的な栄養価が非常に高いのです。アレルギーがある場合を除き、食べないのはむしろ損しかありません。

※参考記事
ビタミンB群を摂ってバストアップ
バストアップのためのミネラルについて


大豆イソフラボンにはバストアップ効果があるのか?

大豆に含まれる成分として有名なのが「大豆イソフラボン」です。大豆イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンのような働きをすると言われており、それによってバストアップ効果があるなどとよく言われます。その他、抗酸化作用など様々な美容効果も期待されており、関連した様々なサプリメントが販売されています。

特に女性は思春期以降、女性ホルモンの影響によって全身に脂肪がつきやすくなります。その急激な体型の変化を受け入れる事ができない人も多く、それをきっかけにして無理な食事制限を課してしまう場合があります。すると性ホルモンの分泌バランスが崩れ、女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事があります。大豆イソフラボンはそれを補ってくれる可能性があります。

尚、バストアップにおいて重要なのは女性ホルモンの分泌量が「平均的に増える事」であって、それには食習慣だけでなく運動習慣や睡眠習慣、更にはストレスコントロールなど様々な改善が必要です。間違っても大豆イソフラボンだけに頼るべきではありません。過度な期待及び過剰摂取は禁物です。ちなみに毎食時に納豆を食べたり、豆乳を飲むなどによって「食品から大豆イソフラボンを摂取」する場合、過剰摂取は極めて稀な事です。過剰摂取が懸念されるのは主にサプリメントを利用する場合で、そのように普段の食事においては心配はありません。

※参考記事
性ホルモンの分泌バランスとバストアップ


オススメのサプリメントを紹介

人によっては大豆アレルギーや好き嫌いなどで物理的に食べる事ができない場合もあります。しかし前述のように大豆は非常に栄養価が高いため、日常的に食べている人と食べていない人では、栄養状態に差が出やすい食品と言えると思います。もし不足が心配される場合には以下のようなサプリメントをオススメします。


豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)

「レシチン」は大豆製品から抽出されたもので、アルファGPCが含まれていると言われています。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを小分けにして摂取すると良いと思われます。
黒ごまきな粉アーモンド220g

ミネラル豊富なゴマ、きな粉、アーモンドの粉末です。これも摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを小分けにして摂取すると良いと思われます。
大豆プロテイン 1kg 無添加

通常のプロテインは牛乳が原料ですが、これは大豆が原料のプロテインです。乳製品が苦手な人、あるいは大豆製品を直接食べるのが苦手な人ではこれを利用して蛋白質を補給すると良いでしょう。1回の摂取量は20〜40g程度が目安です。
日清シスコ ごろっとグラノーラ充実大豆 500g

大豆、キナコ、豆乳など様々な大豆製品が原料となっているシリアルです。含まれている糖分は気になりますが、間食での栄養補給にはオススメです。
DHC 濃縮プエラリアミリフィカ

プエラリアはマメ科の植物で、一般的な大豆と比べるとイソフラボンの量が40倍多く含まれていると言われています。そのため副作用も大きいと思われ、過剰摂取には十分な注意が必要です。前述のようにイソフラボンは大豆製品からの摂取だけで十分だと思います。
おかめ納豆 ひきわり納豆

納豆は蛋白質・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。その中でも「ひきわり納豆」はカルシウムの吸収を促すビタミンKが非常に豊富です。

★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト


PR
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座