<< 乳製品を食べてバストアップをしよう | main | 必須アミノ酸スコアについて >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


大豆製品を食べてバストアップ

バストアップのためには必須アミノ酸をバランス良く含む動物性の食品を摂る必要がありますが、肉や魚などの動物性の食品は塩分や脂肪分が多いものが多く、カロリーが高いという特徴があります。一方、植物性の食品である大豆製品には塩分の排出を促すカリウムが豊富に含まれており、動物性の食品と比べると脂肪分が少なくカロリーが低い特徴があります。必須アミノ酸のバランスこそ劣るものの、動物性の食品のデメリットを打ち消す事ができるのです。ここではそんな大豆製品について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

栄養価の高い大豆製品について

皮膚を初めとしてタンパク質を作るためには様々な種類のアミノ酸を摂らなければなりません。そのアミノ酸の中でも9種類ある必須アミノ酸は体内だけでは一から作る事はできず、全てのタンパク質の基礎となるアミノ酸であり、常に食事で補う必要があります。大豆製品は植物性の食品の中でもトップクラスのタンパク質を含んでおり、必須アミノ酸も豊富に含まれています。バストアップをする上では非常に有効な食品と言えるでしょう。

ただし前述した通り肉や魚などの「動物性の食品」の方が必須アミノ酸のバランスは良く、植物性の食品である大豆製品は動物性の食品と比べるとどうしても劣ってしまいます。どこが劣っているのかというと具体的には「メチオニン」という必須アミノ酸が少し欠けています。実は必須アミノ酸は9種類ある内の一つでも欠けると意味がなくなるという特徴を持っています。ですのでどれだけ大豆製品を食べても全ての必須アミノ酸をバランス良く摂らなければ、タンパク質を効率良く作る事はできないのです。

ですが植物性の食品である大豆製品には動物性の食品とは違うメリットもあります。それも最初に書きましたが、植物性の食品は塩分や脂肪分が少なくカロリーも低いという事です。確かに動物性の食品は必須アミノ酸をバランス良く取る事ができますが、肉や魚だけで必須アミノ酸を摂ろうとするとどうしても脂肪を摂り過ぎてしまいますし、カロリーもオーバーしてしまいます。ですので動物性の食品だけを食べるのではなく、その一部を大豆製品に置き換える事でお互いのデメリットを打ち消し合う事が重要です。代替できるという意味でも栄養価でも大豆製品は非常に便利な食品と言えるでしょう。


大豆製品に含まれる大豆イソフラボンについて

大豆製品に含まれる栄養として有名なのが「大豆イソフラボン」です。この大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンのような働きをすると言われており、ホルモンバランスを整え、女性ホルモンの分泌を促すとされています。それによって美容に効果が期待でき、関連した様々なサプリメントも開発・販売されています。

特に女性では思春期において女性ホルモンが大量に分泌されるという認識があると思います。しかし生活習慣の乱れやストレス等によってはその分泌が不安定になったり、分泌量が減ったりする事がよく起こります。女性の場合、思春期を迎えた時点で性ホルモンの分泌を抑える事ができなくなるため、それをいかにしてコントロールするかという事がバストアップのためには大きな鍵になります。よって思春期を迎えた人(思春期を迎える以前の年齢で大量の大豆イソフラボンを摂ると逆に思春期を早めてしまう事があり、身長の伸びが悪くなるなどの悪影響が出る可能性がある)では美容のためにも大豆イソフラボンを積極的に摂り、女性ホルモンの分泌を促す事をオススメします。

女性の思春期は女性が大人の体になるための準備を始める期間ですので、その期間に女性ホルモンが減少するという事は将来的なデメリットしかありません。特に思春期中はその体型の変化から無理な食事制限をしがちであり、女性ホルモンの材料が減りやすくなります。実は女性ホルモンの分泌による胸の成長は思春期中にしかできないと言われています。胸の大きさは思春期中の女性ホルモンの分泌量によって決定し、思春期を終えた後は全身の脂肪の量の増減によって胸の大きさが変化するだけなのです。大豆イソフラボンはそれをサポートする事ができるため、思春期以降ではやはり積極的に摂る事をオススメします。間違っても痩せるための食事制限はしないように。食事制限によるダイエットは女性ホルモンを減らすだけで逆効果です。


大豆製品はミネラルやビタミンも豊富に含まれている

大豆製品にはカルシウムの吸収を促進させるビタミンKも豊富に含まれており、その含有量は食品の中でもトップクラスと言われています。このビタミンKは腸内細菌によって作る事ができますが、ストレスや睡眠習慣の乱れによって腸の活動が悪くなると不足する事があり、カルシウムが不足しやすい女性では意識的に摂っておいて損はないでしょう。もちろん大豆製品に含まれる食物繊維に関しても動物性の食品には含まれていませんので、そこも大きなメリットになります。ただし食物繊維は摂り過ぎると栄養吸収が悪くなり、逆に腸の調子を崩す事があります。便通は食物繊維や納豆やヨーグルトのような発酵食品だけで整えようとせず生活習慣全体で考える事が重要です。

大豆製品の中でも特にオススメなのは何と言っても納豆ですね。納豆にはビタミンKはもちろんの事、ビタミンA、B群、C、Eなどの様々なビタミンや、カルシウム、鉄分、マグネシウム、カリウムなどのミネラルなど、様々な種類の栄養素が含まれています。その他の大豆製品では凍り豆腐、きな粉、豆乳などがオススメです。


大豆製品に関するオススメの食品について

もし栄養の不足が心配される方は以下のような食品で補う事をオススメします。ただしアレルギーには十分注意して下さい。

ディアナチュラ アミノマルチ
ディアナチュラ ストロングアミノマルチ
アミノ酸だけでなくビタミンやミネラルもまとめて補う事ができるサプリメントです。1日3粒目安のため摂り過ぎを心配する事なく毎食後に飲む事ができます。
山本漢方製薬 黒ごま黒豆きな粉 400g
山本漢方製薬 黒ごま黒豆きな粉 400g
ゴマは成長ホルモンの分泌に必要な亜鉛やアルギニンも多く含まれています。
大豆プロテイン 1kg 無添加
大豆プロテイン 1kg 無添加
大豆製品由来のタンパク質を補う事のできるプロテインです。大豆製品が苦手な人では必須アミノ酸の補給に最適です。ただしアレルギーには注意が必要です。
日清シスコ ごろっとグラノーラ充実大豆 500g
日清シスコ ごろっとグラノーラ充実大豆 500g
大豆、キナコ、豆乳など様々な大豆製品が使われたシリアルです。含まれる糖分と牛乳と一緒に食べる時の脂肪は若干気になりますが栄養補給にはオススメです。
大容量プエラリアミリフィカ(約6ヶ月分)
大容量プエラリアミリフィカ(約6ヶ月分)
プエラリアはマメ科の植物で、女性ホルモンのような働きを持つイソフラボンの含まれる量が一般的な大豆の40倍と言われています。そのため効果は高いのですが、副作用もあるとされており、過剰摂取には十分注意が必要です。特に妊娠中は絶対禁忌です。
きざみ納豆ミニ3(40g×3) 8個入
きざみ納豆ミニ3(40g×3) 8個入
動物性の食品ばかり食べているとカロリーや塩分、脂肪分を摂り過ぎてしまうので、一部をこういった植物性の食品で置き換えましょう。ちなみに納豆の賞味期限は1週間程度と言われていますが、冷蔵であれば1ヶ月以上経っても食べる事ができる(自己責任ですがw)そうです。発酵食品なので環境にもよりますが常温でも2週間程度持つ場合があります。

スポンサーサイト