<< ビタミンCを摂取してバストアップ | main | ビタミンB群を摂取してバストアップ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


鶏肉と鶏の卵でバストアップ?蛋白質を摂取しよう

動物性の食品である鶏肉や鶏の卵は蛋白質の材料となる必須アミノ酸がバランス良く含まれており、バストアップのための栄養補給に適しています。ここではそんな「肉」と「卵」について私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『肉と卵は筋肉に良い?動物性の食品に対する考え方』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ


動物性の食品を食べて蛋白質(必須アミノ酸)を摂取しよう

蛋白質を合成するには材料となるアミノ酸が必要です。特にアミノ酸の中でも「必須アミノ酸(9種類)」は体内だけでは一から作る事ができないため、常に食事から補い続けなければなりません。動物性の食品にはそんな必須アミノ酸がバランス良く含まれており、バストアップのための栄養補給として適しています。ちなみに蛋白質を多く含む食品としては肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品、ナッツ類などが挙げられます。それらを定期的に食べるべきでしょう。

一方、蛋白質を豊富に含む食品の中では、植物性の食品よりも動物性の食品の方が必須アミノ酸のバランスが良いと言われています(大豆は例外)。ただし動物性の食品だけでは「必須脂肪酸」のバランスは崩れる事があります。胸は脂肪であるので、脂肪が豊富に含まれる動物性の食品は重要な摂取源になりますが、動物性の食品「だけ」では不十分です。必須脂肪酸を含む大豆、ナッツ類、青魚などで一部を置き換えるようにすると良いでしょう。

※参考記事
必須アミノ酸とコラーゲンの摂取について
9種類の必須アミノ酸・それぞれの役割について
必須アミノ酸とアミノ酸スコアについて


鶏肉に含まれている栄養素について

鶏肉は全体として高蛋白かつ低脂肪です。特に鶏胸肉はバストアップになると言われる事も多いです。しかし牛肉や豚肉と比べるとビタミンやミネラルの栄養価は高くありません。確かに「蛋白質を摂取する」という目的であれば有用ですが、胃の容量には限界があるため、鶏肉だけに固執する必要はありません。前述のように様々なものを食べるべきでしょう。

尚、鶏肉では「皮」と「手羽先」がオススメです。鶏皮は脂肪が豊富、手羽先は脂肪と共にコラーゲンも豊富です。バストアップに限っては脂肪の適度な摂取が重要なので、実は鳥のササミや鶏胸肉などよりも、皮や手羽先の方が有用です。味付けの塩分には注意すべきですが、機会があれば食べておきたいところです。


「卵は1日1個」という考え方は古い

動物性の食品の中では「卵(鶏や鶉など)」も蛋白質を豊富に含み、必須アミノ酸をバランス良く摂取する事ができます。また卵には「コレステロール」が含まれています。コレステロールは男性ホルモンや女性ホルモンなど重要なホルモンの材料として利用される他、血管(細胞膜)の強度を高めたり、消化液の一つである胆汁の材料などとしても使われており、過度に避ける必要はありません。

また最近の研究で、動脈硬化や心筋梗塞などには「食品に含まれるコレステロール」だけではなく、「食事以外の様々な要素が複合的に影響している」という事が明らかになっています。つまり卵のようにコレステロールを含む食品を食べても、それが病気の原因に直接繋がるとは言えないという事です。もちろん卵をたくさん食べた結果として他が疎かになってしまうのは良くありません、例え毎日卵を2個3個食べていても、規則正しい生活をしている人なら何の問題もないのです。


卵黄と卵白、どっちを食べたら良い?

卵黄と卵白を比べると、卵黄は高蛋白・高脂肪でビタミン・ミネラルも豊富、卵白は高蛋白・低脂肪な代わりにビタミン・ミネラルの栄養価は高くありません。よってバストアップという目的であれば、卵黄の方が良いという事になりますが、卵白を避ける理由は特にないので、どちらも食べた方が良いでしょう。

尚、卵は生のままよりも調理して火を通した方が、蛋白質の吸収率を高める事ができると言われています。茹で卵でもスクランブルエッグでも目玉焼きでも良いので、調理してから食べる事をオススメします。ちなみに卵黄に多く含まれるビオチン(ビタミンB群の一種)も加熱する事で吸収率が高まります。


蛋白質を補う事のできるプロテイン・サプリメント紹介

もし動物性の食品が苦手だという方は、以下のようなプロテインやサプリメントをオススメします。プロテインは必須アミノ酸のバランスが良く、動物性の食品が苦手だったり、アレルギーなどで食べる事が難しい人の補給に適しています。


Amazon商品リンク

ボディウィング 大豆プロテイン

これは大豆由来のいわゆる「ソイプロテイン」です。ソイプロテインは寝る直前や運動直後でなければ飲むタイミングを選びません。また原材料が大豆という事で大豆由来の有効成分が含まれている一方、牛乳由来の成分は一切含まれていないため、乳アレルギーや乳糖によってお腹が緩くなるような人でも飲む事ができます。ただし大豆アレルギーには注意が必要です。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アイソプロ

これはホエイプロテインです。特に「WPI(Whey Protein Isolate)」という精製法で作られており、蛋白質以外の不純物が殆ど含まれていません。そのため乳糖によりお腹が緩くなる人も飲む事ができ、特に「余計なものを摂りたくない」人にオススメです。飲むタイミングは基本的に運動後がベスト、それ以外は普段の食事時に飲むのが良いでしょう。尚、蛋白質以外の栄養素を摂取する事はできないので、他のサプリメントで補給する必要があります。


Amazon商品リンク


ネオセル コラーゲンパウダー

これは粉末状のコラーゲンです。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを小分けにして摂取すると良いでしょう。尚、ここでは左の商品を紹介していますが、容量が少ないので、コスパを選ぶのであれば普通に店頭に売られている「コラーゲンパウダー(Amazon商品リンク)」でも問題ありません。
ちなみに摂取の際にはコラーゲンパウダーをパイナップルジュースなどに入れて溶かし、少し時間を置いてから飲む事をオススメします。パイナップルには蛋白質分解酵素が含まれており、これによってコラーゲンの分子がバラけ、グリシンやプロリンなどコラーゲンに多く含まれるアミノ酸の吸収率を高める事ができます。


★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト


PR
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座