<< ビタミンCでバストアップ?(別ブログリンク) | main | ビタミンB群でバストアップ?(別ブログリンク) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


肉と卵を食べてバストアップ?(別ブログリンク)

蛋白質を効率良く作るためには、それを構成する9種類の必須アミノ酸がバランス良く含まれている必要があります。実は肉や卵などの動物性の食品は、植物性の食品よりも必須アミノ酸のバランスが良いと言われています。そのため動物性の食品である肉や卵は、蛋白源として非常に重要なものです(ちなみに蛋白質は火を通した方が吸収率が良いので、肉も卵も火を通すべき)。

また動物性の食品は全体として脂肪も豊富に含まれています。胸は脂肪であるので、その材料となる脂肪を摂取する事も重要です。また運動量や基礎代謝が高い場合、脂肪の持つエネルギーも重要になります。特に脂肪は糖や蛋白質と比べて倍以上のエネルギーがあり、消費と摂取のバランスを維持するため、すなわち胸の脂肪を落とさないためには、脂肪もある程度は摂取しなければなりません。その意味でも、肉や卵は良い摂取源になるはずです。

一方、肉と卵ばかりを集中的に食べる事では、必須脂肪酸が不足する可能性があります。特に肉や卵には必須脂肪酸である「ω-3脂肪酸」が殆ど含まれておらず、それによって脂肪の代謝が崩れる事もあり得ます。肉や卵を食べる場合、一部をω-3脂肪酸を含む青魚で置き換えましょう。また必須脂肪酸をしっかり摂取している場合、実はビタミンやミネラルの必要量も増えます。食事全体のバランスを考えましょう。

ちなみにバストアップを目指す場合、そのように胸は脂肪であるので、必ずしも低脂肪である必要はありません。例えば肉では鳥肉が低脂肪、卵では卵白が低脂肪ですが、それに固執する必要はないという事です。気にせずガンガン食べましょう。ただし調味油を使って炒めたり、あるいは油に浸けて揚げるなど、調理法によっては容易に脂肪をできてしまいます。確かに胸は脂肪ですが、摂取する脂肪の種類及び量については管理が必要です。もし調味油を大量に使うなら、オレイン酸(脂肪酸の中でも悪さをしにくいとされる)を豊富に含むエキストラヴァージンオリーブオイルなどが良いでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『肉を食べれば身長が伸びる?蛋白質と脂肪を摂取しよう』や『卵を食べれば身長が伸びる?1日1個以上食べよう』などにまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アイソプロ

これは吸収の速いホエイプロテインです。低脂肪・低糖質なため、蛋白質の補給に最適です。肉や卵が苦手な人にオススメです。摂取量の目安は1回20〜40g程度、飲むタイミングは運動後がベスト、それ以外では普段の食事の時に、食事の内容を見て飲むと良いでしょう。一方、プロテインだけでは蛋白質以外の栄養素を摂取する事ができないので、その点には注意が必要です。



Amazon商品リンク

フラックスシードオイル(アマニ油)

これは必須脂肪酸の中でもω-3脂肪酸である「α-リノレン酸」を豊富に含むアマニ油です。摂取量の目安は1日5g程度なので、1回1〜2g程度を毎食時に摂取すると良いでしょう。尚、α-リノレン酸は同じくω-3脂肪酸であるDHAやEPAの元にはなりますが、合成効率は低く、これだけでは不足してしまいます。やはりDHAやEPAを含む青魚を意識的に食べるようにしましょう。

ちなみにα-リノレン酸は熱や酸化に弱いので、加熱調理には使えません。またそのように酸化しやすいので、保存方法にも工夫が必要です。特に古くなったら、例え残っていても新しく買い直すなどした方が良いでしょう。


スポンサーサイト


PR
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座