<< 鶏肉と鶏の卵でバストアップ?蛋白質を摂取しよう | main | ビタミンB群を摂取してバストアップ >>

バストアップに大敵となるタバコとお酒

ここではバストアップをする上で大敵となる「タバコとお酒」について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、言わずもがなですが、20歳未満の人がタバコを吸ったりお酒を飲む事は法律で禁じられています。「バレなければ良い」と考える人もいるかもしれません。しかしそういう考えを持っている人は、人が見ている所では真面目に振る舞っていても、誰も見ていない所ではこっそり手を抜いてサボってしまうと思います。バストアップのためには毎日の積み重ねが必要であり、誰も見ていない所でも良い習慣を積み重ねる事が重要です。その意味でも未成年者の喫煙や飲酒は絶対に止めましょう。

JUGEMテーマ:バストアップ

タバコに含まれている成分とその害について

ニコチンの作用とその強い依存性

タバコにはニコチンという成分が含まれています。このニコチンは神経に対して有害で、強い依存性をもたらす事が知られています。その依存性はアルコールとは比較にならないほど強く、一説には覚せい剤に匹敵するとも言われています。これが自力で禁煙するのが難しい理由です。またニコチンには胃酸を過剰に分泌させる作用があり、胃腸や食道に大きな負担をかけます。その他、毛細血管を収縮させて心肺機能を低下させたり、ビタミンCを破壊する事でコラーゲンの合成や抗酸化機能を妨害したりします。肌荒れどころか体に良くないのは言うまでもありません。

タールと一酸化炭素について

タバコには「タール」という成分も含まれています。このタールは発癌性の高い物質とされ、摂取が習慣化する事で悪性腫瘍(癌)のリスクを高めます。このタールは粘り気が強いという特徴があり、禁煙してもなかなか体(肺)から抜けないと言われています。またタバコの煙には「一酸化炭素」も含まれています。例えば火事のニュースが出た時に「一酸化炭素中毒」という言葉がよく聞かれます。一酸化炭素にはそのように酸素の吸収を阻害し、細胞への酸素供給を妨害する作用と動脈硬化を促進する効果があると言われています。特に動脈硬化になれば、心筋梗塞や脳梗塞など致死率の高い病気のリスクが高まる事になります。

バストアップとタバコ

前述の作用を踏まえると、タバコを吸い続ける事で末梢血管における血流が悪化、これにより細胞へ効率良く血液を送る事ができなくなり、末梢にある細胞の栄養状態が悪化します。また末梢にある細胞においては老廃物が滞りやすくなり、新陳代謝も悪化します。特に足先、指先、あるいは皮膚に近い毛細血管ではそのような症状が出やすく、これが胸で起これば当然萎んでしまうでしょう。

タバコよりも他に優先すべき事が必ずあるはず・・・

タバコには税金がかけられています。種類にもよるでしょうが、1箱1000円以上するものもあるそうです(私は非喫煙者のため詳しくは分からない)。最近ではタバコやお酒に税金を上乗せする傾向が強く、この先もどんどんその値段は高くなるでしょう。1ヶ月で1箱でも、それを積み重ねれば相当な出費になります。それだけお金や時間を費やして吸っても、体に良い成分は何一つ入っておらず、それどころか様々な身体機能を低下させる要因になり、病気のリスクも高めます。それなら美容や健康のための食費に使ったり、栄養の補助のためにサプリメントを買ったりした方が自分のためになるのではないでしょうか。

尚、こうして「体に良くないから吸わない方が良い」という話をすると、「吸い続けても元気な年寄りはたくさんいる」という事を吸い続ける理由に挙げる人がいます。しかしそれは遺伝子的に生まれつき病気に強いなど極端な例で、長寿の人がたまたま喫煙者だから「たくさんいる」ように見えるだけです。90歳や100歳まで生きるような人の中で、実際喫煙者はどれだけいるでしょうか・・・そもそも貴方がそんな特殊な例に当てはまるかなんて事は誰も分からないはずです。

もちろん喫煙は個人の自由ですので、それ以上は何も言いませんが、喫煙する事で貴重なお金や時間を消費し、それが原因で自分の人生、あるいは自分の周囲にいる人の人生が豊かになっていないのだとしたら、他に優先すべき事があるんじゃないかなと私は思います。


お酒について

アルコールによる脳の萎縮と依存性

お酒には濃度の差はあれど「アルコール」が含まれており、このアルコールも脳など神経系へ強く影響を与えます。特に成長期の脳はアルコールの影響を大きく受けやすいとされ、その影響で脳が萎縮して小さくなったり、それに伴って記憶力、判断力、集中力の低下などが起こると言われています。更に成長期におけるアルコールの摂取は臓器の健全な成長や、性機能の正常な発達などを妨げると言われています。これも神経系に作用する事によるものです。無論ですが、妊娠中には胎児にも悪影響を与えますので絶対禁忌です。

もちろんこれは大人でも起こる事です。特にアルコールには少なからず依存性があります。摂取量や摂取する期間にもよりますが、大人では数年経過しなければ依存症状が出ない人が多いようです。しかし未成年では2年以下で依存症状が現れるとも言われており、一度飲んでそれが習慣化すると自分では簡単には止められなくなるでしょう。尚、お酒でよく言われるのが「適度な摂取は体に良い」という事です。その根拠は一切不明ですが、実際にはお酒を飲む習慣がある人ほど適度なアルコールの摂取はできておらず、むしろ摂取量が多い人が多いという事は認識しておくべきだと思います。

アルコールの処理能力は生まれつき

アルコールは肝臓で処理され、アセトアルデヒド→酢酸→クエン酸となり、最終的に二酸化炭素と水にまで分解されます。しかし一度に大量のアルコールを摂取し、その処理が追いつかなくなると、体内にアルコールが溜まって代謝できず、血中のアルコール濃度が上昇した「急性アルコール中毒」になる事があります。アルコールは神経を麻痺させる作用があり、中枢神経が麻痺してしまうと最悪死亡する事もあります。特に日本の社会はアルコールと密接な関わりがあり、決して軽く考えるべきではありません。

よく「お酒は飲み続けると慣れる」と言われますが、遺伝子的なアルコール処理能力というのは決して鍛える事ができません。たくさん飲んでもお酒に強くなる事はないのです。「酔いにくくなった=お酒に強くなった」と感じますが、実際にはお酒による「酔い」に脳や体が反応しなくなっていく(鈍くなる)だけです。アルコールに弱い人は弱いままなので、強くなるために大量に飲むというような事はすべきではありません。というより、やるだけ無駄です。

バストアップとアルコール

アルコールは「全てが代謝されるため体内に残らない」と言われる事もありますが、前述の酢酸やクエン酸はエネルギーとして利用されるもので、これが過剰になるとその多くが中性脂肪の合成へと回されてしまいます。またアルコールは食欲を増進させる作用がある他、一緒に食べる食べ物は塩っぱいものや脂っぽいものなど、味付けが濃くカロリーも高いものばかりです。よって過剰なアルコールの摂取あるいは継続的な摂取は、脂肪の蓄積及び肥満の原因になる事があるのです。それが胸にだけ集まれば良いのですが、そう都合良くは行きません。

他、度数の高いお酒は飲んだ瞬間に口・食道・胃の粘膜に大きな負担をかけます。特にアルコールは消毒にも使われている通り、強い殺菌効果があります。大量に摂取し、それが腸内に長く留まると腸内細菌のバランスが崩れる事もあり、それによって食物繊維の分解がスムーズにできなくなったり、ビタミンB群が作れなくなったりする事もあります。それは結果としてバストアップの妨げになるでしょう。

アルコールと日本の社会の関わり

日本の社会では上司や先輩の命令で無理やり、あるいは周囲の空気を読んで飲まされるという事が普通にあり得ます。まぁそれだけなら良いのですが、そのお酒を断るとそれだけで人間関係が悪くなる、あるいは飲まなかったり飲めない人を影で蔑むというような話もよく聞きます。また環境によっては「体育会系特有のノリ」というのもあり、半ば暴力的に飲まされるという状況もあるようです。

よく「お酒を飲むと真に語り合える」「仲良くなる」と言う人もいますが、それに関して疑問に思うのは、そうしてお酒を飲まなければ胸の内を話す事ができないのでしょうか。それがコミュニケーションの一つとして「当たり前」とされているこの世の中に対して私は危機感を覚えます。そもそもお酒は「嗜好品(しこうひん)」であり、好きなペースで飲み、また好きなペースで飲み合うのが楽しいのであって、社会や周囲から強要されるようなものではありません。お酒を飲まない人や飲めない人が社会で不利にならないよう、あるいはお酒を飲まなくても済むように世の中が変わって行く事を切に願います。

これは私が信条にしている事の一つですが、「多くの人にとって当たり前な事でも、全ての人にとっては当たり前とは限らない」のです。その考えがあれば、「多くの人が当たり前としている事から外れる事」に対して寛容になり、不必要な争いも起こらないのではないかと私は思います。



スポンサーサイト