<< 大豆でバストアップ?大豆イソフラボンの効果 | main | 海藻類でバストアップ?ミネラルを補給しよう >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


必須アミノ酸とアミノ酸スコアについて

ここでは必須アミノ酸のバランスを示す「アミノ酸スコア」について私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事では要点のみまとめています。詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『アミノ酸スコアについて』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ


そもそも「アミノ酸スコア」とは?

蛋白質は様々な種類のアミノ酸を元に作られていますが、その中で最も基本的なアミノ酸の事を「必須アミノ酸」と言います。必須アミノ酸は全部で9種類あり、その全てが人体にとって必須です。

そんな必須アミノ酸について、「どの種類の必須アミノ酸が、どれだけ含まれているか」は「アミノ酸スコア」で表されます。そのように必須アミノ酸は全9種類ありますが、9つの必須アミノ酸それぞれがアミノ酸スコアを持っているため、「アミノ酸スコア」と言う場合には「一種類の必須アミノ酸のスコア」ではなく、「一つの食品(食材)、一つの料理、一回の食事中における必須アミノ酸のバランス」を意味します。

一つの食品に必須アミノ酸がバランス良く含まれている場合、その食品のアミノ酸スコアは「100(100が最高、100以上になる場合100まで切り捨て)」になります。つまりバストアップにはもちろん、心身の健康を維持する上では、アミノ酸スコアが100となるような食事が最も理想的という事です。


アミノ酸スコアが100になるような食事を考えてみよう

大抵の動物性の食品はアミノ酸スコアが100を超えている(例えば鶏肉しか食べない場合は100になる)ので、理論的にはひたすら動物性の食品を追加していけば、簡単に食事全体のスコアを100にする事ができます。

しかし動物性の食品はカロリーが高く、脂肪や塩分が多く含まれている事が多いため、動物性の食品だけで必須アミノ酸を摂ろうとすると健康にはあまり良くありません。また一部の食品に偏る事はその食品に含まれる栄養素しか摂る事ができず、いくら動物性の食品をたくさん食べていても栄養に偏りが生まれます。よって実際には動物性の食品にばかり頼るのではなく、動物性の食品と植物性の食品を上手く組み合わせながら、食事全体のアミノ酸スコアが100となるように工夫する事が重要になります。

尚、そのようにアミノ酸スコアを高めるには、単純にアミノ酸スコアが高い者同士を組み合わせるだけなので、慣れてしまえば簡単です。しかし食事においては「五大栄養素をバランス良く摂る」という事が大前提であり、そうしてアミノ酸スコアを高めた上で、更に全体的な栄養バランスも考えなければなりません。最近では「食事だけで1日に必要な栄養素を補う事は難しい」とも言われており、アレルギーや好き嫌いなどがあれば尚更難しく、より突き詰めていくためには知識や経験が必要になるでしょう。

では「どのようにしてメニューを決めたら良いのか?」と思われるかもしれませんが、単純に「五大栄養素から食品をピックアップしていく」ようにすれば良いだけです。例えば炭水化物は米・麺・パンなど、蛋白質は肉・魚・大豆製品・乳製品・卵など、脂肪は青魚・天然植物油、ビタミンは緑黄色野菜・果物、ミネラルはキノコ類・海藻類・貝類・ナッツ類などという感じです。ここから少なくとも各1品以上ずつ選ぶようにし、その上でアミノ酸スコアを高めれば問題ないでしょう。実際には難しく考える必要はありません。


★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト


PR
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座