<< 必須アミノ酸とアミノ酸スコアについて | main | 筋トレでバストアップ?無酸素運動の特性を理解しよう >>

海藻類でバストアップ?ミネラルを補給しよう

海藻類には様々なミネラルが含まれており、バストアップのための栄養補給に適しています。ここではその海藻類について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

海藻類に含まれている栄養素について

ミネラルを補給するために最適なのが「海藻類」です。海藻類にはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ヨウ素、鉄分などのミネラルが、いずれも豊富に含まれています。また他にフコキサンチン(下記)、ボロン(下記)、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンKなど様々な種類の栄養が含まれています。下記ではどの栄養素がどの役割を持っているかについて順に説明していきます。


海藻類に含まれているミネラルについて簡単に

前述のように海藻類はミネラルが豊富です。ここではそれぞれの持つ役割について簡単にまとめています

マグネシウムについて

まずはマグネシウムです。マグネシウムは様々な酵素及び代謝の働きを助ける重要な役割があり、バストアップのために必要不可欠です。しかし元々食品からの吸収率が悪いため、自分では意識的に摂取していても不足する事があります。食品からはもちろんサプリメントからも補給すべきです。

カルシウムについて

次はカルシウムです。カルシウムは骨の形成に必要で、必要量の多いミネラルです。またあまり知られていませんが、神経伝達を制御する役割もあり、不足すると単純に神経伝達が上手くできなくなり、不要なストレスを生み出します。ストレスはバストアップの大敵です。

亜鉛について

次に亜鉛です。亜鉛は成長ホルモンの分泌や蛋白質の合成に必要なミネラルで、これもバストアップに重要です。特に激しい運動、大量発汗、過労では必要量が増え、尿や汗などと一緒に排出されます。そのためこれも意識的な摂取が重要です。

ヨウ素について

次にヨウ素です。ヨウ素は海産物全般に含まれるミネラルで、海に囲まれている日本では不足する心配はありません。しかしヨウ素は甲状腺ホルモン(新陳代謝を促す)の材料になる重要なミネラルであり、不足した際のデメリットは大きいです。食習慣によっては不足する事があるため、意識的な摂取が必要かもしれません。

鉄と銅について

次に鉄と銅です。どちらも赤血球の構成要素となるミネラルであり、これがなければ細胞へ酸素を送る事ができません。必要量は多くありませんが、女性では不足しやすいため、意識的な摂取が必要です。

ナトリウムとカリウムについて

海藻類は全体としてカリウムも豊富に含んでいます。カリウムは塩分(ナトリウム)と共に余分な水分を排出する役割があり、これにより浮腫を改善し、水分代謝を整えます。一方で、海藻類はそれ自体の塩分が多いため、カリウムは他の食品から追加補給した方が良いでしょう。カリウムは緑黄色野菜や芋類に多く含まれています。それも合わせて食べると良いでしょう。

※参考記事
バストアップのためのミネラルについて


海藻類に含まれているビタミンについて簡単に

前述のように海藻類はビタミンも豊富です。ここではそれぞれの持つ役割について簡単にまとめています

ビタミンB群について

ビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類の総称で、いずれも様々な代謝に関わる酵素の働きを補助する補酵素としての役割があります。秀でている部分は海藻の種類によって異なりますが、全体として葉酸が豊富です。例えばコンブはビタミンB1も豊富です。尚、ビタミンB群は腸内細菌によって作る事ができますが、水溶性ビタミンのため意外と不足しやすく、意識的な摂取が必要です。

ビタミンK

海藻類は全体としてビタミンKも豊富です。ビタミンKはカルシウムの吸収を促したり、血液を固める際に使われるビタミンです。尚、ビタミンKも腸内細菌によって作る事ができますが、女性では意識的な摂取が必要です。

βカロテン

海藻の種類によって異なりますが、ヒジキはβカロテンが豊富です。βカロテンには強い抗酸化作用があり、特に粘膜の健康維持に必要です。


海藻類に含まれているフコキサンチンとボロン

聞いた事がない人も多いかと思いますが、フコキサンチンは緑黄色野菜に含まれる「β-カロテン」と同じカロテノイドの一種です。カロテノイド類は全体として強い抗酸化作用がある事で知られており、フコキサンチンも活性酸素の増殖を防ぎ、細胞を酸化から保護する作用があると言われています。

また海藻類には微量ながら「ボロン(ホウ素)」という成分も含まれています。ボロンは細胞壁に存在する一般的な物質で、女性ホルモンであるエストロゲンを活性させる作用や、ビタミンDを活性化させる作用などがあるとされています。その作用からバストアップにも効果があるとも言われています。ただし人体に効果をもたらすだけの量を、食品から摂取する事は難しいと言われており、過度な期待はすべきではありません。

※参考記事
ボロンを摂取してバストアップ


海藻類はあくまで栄養補助の位置づけ

前述のように確かに海藻類には様々な種類のミネラルが含まれていますが、海藻類だけでミネラルを補給しようとすると、どうしてもナトリウムを摂り過ぎてしまいます。またどれだけミネラルが豊富と言っても、脂溶性ビタミンや糖・蛋白質・脂肪と言ったエネルギーとなる栄養素は殆ど含まれていないため、海藻類だけではバストアップはできません。栄養が良いから、体が良いからと固執するのではなく、バランスを重視しましょう。ミネラルを補給したいなら、同じくミネラル豊富なキノコ類、ナッツ類、貝類も合わせて摂取するとより良いと思われます。

尚、海藻類の中ではヒジキ、昆布、メカブ、アオサなどは栄養価が非常に高いのでオススメです(前述のようにミネラルが非常に多い・塩分には注意する)。それを緑黄色野菜を使ったサラダなどに混ぜて毎日食べると良いでしょう。ただし海藻類自体に塩分が含まれるので、前述のようにカリウムを一緒に摂取する他、ドレッシングに含まれる塩分には注意が必要です。もし海藻類が苦手でミネラルの不足が心配される場合には以下のようなサプリメントをオススメします。


オススメのサプリメント紹介

熊本県産アオサノリ50g(25g×2)

栄養価の高いアオサの海苔です。塩分には注意しましょう。
有明海産芽ひじき 130g

栄養価の高いヒジキです。塩分には注意しましょう。
大塚製薬 ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛

これはカルシウム、マグネシウム、亜鉛をまとめて摂取する事ができるサプリメントです。毎食時に1粒ずつ摂取すれば良いでしょう。
小林製薬 ヘム鉄 葉酸 ビタミンB12

細胞に酸素を運ぶヘモグロビンに必要な鉄と銅、鉄の吸収を促すビタミンC、赤血球を作るのに必要なビタミンB6、ビタミンB12、葉酸をまとめて補う事ができるサプリメントです。これらは成長期や女性では不足しやすいため、意識的に摂取しても損はありません。特に妊娠中は必要量が更に増えるので注意しましょう。尚、このサプリメントは1日3粒目安のため、毎食時に摂取して補う事ができます。


スポンサーサイト