<< 必須アミノ酸スコアについて | main | 無酸素運動と有酸素運動について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


海藻類を食べてミネラルを補給しよう

海藻類には様々なミネラルが含まれていてニキビを治すための栄養補給に適しています。ここではその海藻類について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

海藻類はミネラルの宝庫である

ミネラル(無機質)は厚生労働省によって13成分が定められており、健康増進法に基づき食事摂取基準の対象となっています。具体的には亜鉛、カリウム、カルシウム、クロム、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マグネシウム、マンガン、モリブデン、ヨウ素、リンの13種類の事です。要はこれらのミネラルをバランス良く摂る事が「健康に良い」とされている訳です。バストアップという点においては亜鉛、鉄、マグネシウム、ヨウ素などが重要ですが、そもそも健康でなければバストアップをする事はできません。ですので「ミネラルをバランス良く摂る」という事はバストアップ以前の大前提となります。

そんなミネラルを補給するために最適なのが「海藻類」です。海藻類にはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ヨウ素、鉄分などのミネラルが含まれ、その他にフコキサンチン(下記)、ボロン(下記)、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンKなど様々な種類の栄養が含まれています。それぞれの栄養素について簡単に説明していきます。

カルシウムやマグネシウムは骨を形作るために必要であり、特にマグネシウムは様々な酵素及び代謝の働きを助ける重要な役割があり、少なからずバストアップにも効果があるとされています。また亜鉛は成長ホルモンの分泌に必要なミネラル、ヨウ素は甲状腺ホルモン(新陳代謝を促す)の材料になるミネラルで、共に傷ついた細胞を修復するために重要です。続いて鉄分は血中のヘモグロビンの成分として必要であり、細胞の酸欠を防ぎます。カリウムは摂り過ぎた塩分(ナトリウム)を体の外へ出す役割があり、汗による老廃物の代謝を促します。ただし海藻類それ自体の塩分が多いため、カリウムは他の食品で補った方が良いでしょう。尚、カリウムはキナコ、ホウレン草、カボチャ、タケノコ、くりなどに含まれています。

続いて「フコキサンチン」。聞いた事がない人も多いかと思いますが、これは緑黄色野菜に含まれる「β-カロテン」と同じカロテノイドの一種です。カロテノイドはビタミンAの代わりとして使われるものであり、特にフコキサンチンはその中でも抗酸化作用が強いとされています。また海藻類に含まれる「ボロン」はエストロゲンという女性ホルモンの分泌を促すとされている栄養素です。それによってバストアップにも効果があるとされています。ただし人体に効果をもたらす量を摂る事は難しい(ボロンはキャベツに含まれている事で有名だが、1日1玉以上食べなければ効果はない)と言われており、摂っても害はありませんが意識的に摂らなくても何ら問題はありません。


海藻類はあくまで栄養補助の位置づけ

確かに海藻類には様々な種類のミネラルが含まれていますが、含まれるそれぞれのミネラルはいずれも量が少なく、海藻類だけでは必要量を摂る事はできません。海藻類は他の食品では摂る事が難しい細かなミネラルを補給するために食べる事が主な目的になります。栄養が良いから体が良いからと決して一度に大量に食べる必要はありません。

海藻類の中ではヒジキ、昆布、めかぶ、アオサがオススメです。緑黄色野菜を使ったサラダなどに混ぜて毎日食べましょう。尚、ドレッシングの油はビタミンAなどの脂溶性ビタミンの吸収を促す事ができるので過度に避ける必要はありませんが、かけ過ぎないように注意しましょう。できれば天然の植物油(エゴマ油やアマニ油、シソ油などは必須脂肪酸が含まれている)の使われているドレッシングを使うと良いと思います。尚、ミネラルの不足が心配される場合には以下のような食品をオススメします。

ディアナチュラ アミノマルチ
ディアナチュラ ストロングアミノマルチ
アミノ酸だけでなくビタミンやミネラルもまとめて補う事ができるサプリメント。1日3粒目安のため摂り過ぎを心配する事なく毎食後に飲む事ができます。
国産30雑穀米 300g
国産30雑穀米 300g
雑穀は様々な種類のビタミン・ミネラルを補う事ができます。お米3合に対して20〜30g入れると良いそうです。
かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
かぼちゃの種はマグネシウム、銅、マンガン、松の実はビタミンE、マグネシウムが豊富に含まれています。ただしカロリーが高めで脂肪分も多いため食べ過ぎには注意が必要です。

スポンサーサイト