<< 運動でバストアップ?無酸素運動と有酸素運動を理解しよう | main | 9種類の必須アミノ酸・それぞれの役割について >>

ハチミツにバストアップ効果がある?

ここではバストアップ効果がある?とされる「ハチミツ」と、それに関係する「ローヤルゼリー」「プロポリス」について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

ハチミツに含まれる糖について

同じ量のお米とハチミツを比べた場合、含まれている糖の量は殆ど変わりませんが、実はハチミツの方がカロリーが低いと言われています。これはハチミツには糖以外のエネルギーとなる蛋白質や脂肪が殆ど含まれていないからです。またハチミツはその主成分がブドウ糖と果糖(ハチミツの約80%が糖分)となっていて、不純物が少なく、非常に吸収が速いという特徴を持っています。吸収の速い糖は一度に大量摂取すると血糖値を大きく上昇させますが、脳や筋肉へ素早くエネルギーを補給させる事ができます。特に激しい運動の後や勉強をして頭を使った後にはオススメです。

ただし脳も体も動かしていない状態では、血液中に糖が余り、血糖値が高い状態が続く事になります。その状態になると、血液がドロドロになって流れにくくなり、細い血管を詰まらせたり、血管の壁を傷つけてしまう事があります。また余った糖は時間が経過すると脂肪として蓄積してしまいます。よってハチミツの摂取量には注意が必要でしょう。

ちなみに前述のように、我々の主食であるお米に含まれる糖は「デンプン」です。デンプンはブドウ糖がたくさん連なった形をしていて、ブドウ糖と比べれば吸収は緩やかですが、吸収される際には一度に大量にブドウ糖が吸収される事になるため、結果として血糖値を大きく上昇させます。よって「糖を摂取する」という意味では、実はお米とハチミツはそれほど大差がないのです。

筋肉は糖を蓄える事ができる

運動を行って筋肉を動かすと、筋肉内に蓄えられていたグリコーゲン(糖の一種)が使われます。特にグリコーゲンは瞬発的に大きな力を発揮するような運動で、短時間の内に爆発的に消費され、完全に消費されると回復までに数日かかる場合がります。そうして一時的にでもグリコーゲンが枯渇すると、筋肉はスムーズに動かす事ができなくなり、単純に体が重く、動きが鈍くなります。当然全身に大きな疲労感を伴うでしょう。

また糖はそのように筋肉での消費量が多いのですが、脳を動かす際のエネルギー源にもなるため、慢性的に糖が不足すると全身の身体活動にも悪影響が出る事があります。頭がボーッとし、思考力や判断力も大きく低下します。前述のように消費しきれないほど大量の糖を摂取する事は当然良くありませんが、例えば糖質制限ダイエットのように極端に制限するのも、本来あまり好ましくない事なのです。バストアップのために筋トレを行う人では尚更、糖質制限とは両立が難しいでしょう。

日常的に脳や筋肉を使う習慣のある人では、糖を過度に避けるのではなく、適度に摂取する方法を模索すべきです。その意味でハチミツは糖の補給源の一つとしては有用なものです。尚、ハチミツは糖以外の栄養素は殆ど含まれていないとされています。特にビタミンやミネラルなどは他の食品で補う必要があるでしょう。また含まれる糖の量が多いので、ハチミツを食べる場合には、他に摂取する糖の量を自分で調節する必要もあると思います。その点には注意が必要でしょう。

ハチミツにバストアップ効果がある?

ハチミツにはボロンという成分が含まれています。ボロンは女性ホルモンであるエストロゲンを活性化させる作用があると言われていて、それが本当ならばバストアップ効果が期待できるかもしれません。ただしハチミツに含まれているボロンの量は微量で、効果を得るためには相当量食べなければなりません。全く効果がないとは言いませんが、実際には現実的ではありません。過度な期待は禁物でしょう。


ローヤルゼリーについて

ハチミツと言えば有名なのが「ローヤルゼリー」です。ローヤルゼリーは将来「女王バチ」になる幼虫や、成虫の女王バチに与えられる栄養源の事で、日本語では「王乳」と呼ばれています。その主成分は「ロイヤラクチン」と呼ばれる蛋白質の一種で、これは自然界ではローヤルゼリーにしか存在しないと言われています。

特にこのロイヤラクチンは必須アミノ酸のバランスが優れているとされ、そのバランスは動物性の食品である「鶏の卵とほぼ同等」とも言われています。そのため高濃度・高品質に限っては、ローヤルゼリーを摂取するメリットはあるかもしれません。尚、人によってはこのロイヤラクチンがアレルギーの原因になる事もあるようです。

ちなみにローヤルゼリーに含まれている栄養素については信頼できるデータが不足しています。分かっている事は栄養成分の比率で、ローヤルゼリーと通常のハチミツを比べると、通常のハチミツは約70%の糖、約20%の水分、約10%の栄養成分となっていますが、ローヤルゼリーでは10%の糖、60%の水分、30%の栄養成分となっています。つまりローヤルゼリーは水分と栄養成分が主成分で、ハチミツよりは確かに栄養価が高いようです。またパントテン酸やビタミンB6を豊富に含むという情報はありますが、それ以外のビタミンやミネラルは微量に含まれるのみで、濃縮でもされていない限り、栄養価はそこまで高くないようです。


プロポリスについて

ミツバチに関する食べ物の中では、ハチミツやローヤルゼリーの他に「プロポリス」と呼ばれるものもあります。プロポリスはミツバチが様々な植物から集めたものから作られ、自らの巣をより強固にするために使われる粘り気のある成分です。外から入ってくる菌などから巣を守るため、強い抗菌作用や抗酸化作用などがあるとされており、それによって免疫力を高める効果があるなどと謳われているようです。

またそのほぼ全てが植物由来の成分なので、カロリーが非常に低いという特徴もあります。尚、集める植物によって成分が変わるとされますが、微量ながらボロンなども含まれているようです。


ハチミツに関するオススメの商品について

前述の通り脳も体も動かしていない状態でハチミツを食べても意味はありませんが、勉強をして脳をたくさん使っていたり、あるいは激しい運動をして筋肉を動かしていた場合には、ハチミツは疲労の回復効果に大きな期待できます。ちなみに柑橘系の果物に含まれる「クエン酸(グリコーゲン蓄積補助)」、豚肉やウナギなどに含まれる「ビタミンB1(糖の代謝補助)」、ニンニクに含まれる「アリシン(ビタミンB1活性化)」と一緒に摂る事で、その疲労回復効果を更に高める事もできると思われます。

もしご興味のある方は以下のような商品をオススメします。ただしハチミツやプロポリス、ローヤルゼリーには純度の差はあれど花粉が含まれており、収集される花の種類(実はミツバチは一つの種類の花からしか蜜を集めない)によってはアレルギー症状が出る事もあります。また植物及びハチ由来の酵素も含まれており、季節によって重度の花粉症になるような人では、大量に食べる事は避けた方が良いかもしれません。

ブライトザマー クリーミーハニー 菜の花 500g
ブライトザマー クリーミーハニー 菜の花 500g
ハチミツです。
DHC ローヤルゼリー 20日分 60粒
DHC ローヤルゼリー 20日分 60粒
ローヤルゼリーのサプリメントです。
プロポリス 1500mg 100粒
プロポリス 1500mg 100粒
海外製のプロポリスサプリメントです。
ナウフーズ ボロン 3mg

これはボロンを摂取する事のできるサプリメントです。1粒3mgですので1日1粒が目安となります。前述のように過剰摂取には注意しましょう。

★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト