<< バストアップとダイエットの両立について | main | 食事に関わるホルモンとバストアップについて >>

バストアップと快便の関係について

腸内環境を整え便通を改善する事もバストアップのためには必要です。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『筋肉を効率良く鍛えるために腸内環境を改善しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ


老廃物を排出し新陳代謝を促す

老廃物排出の手段として「大便」の割合は非常に大きく、排出されるものの内、8割以上を占めているとも言われています。大便と聞くと食物繊維がその元になっているというイメージが強いですが、例えば大便特有の茶色い色は、古くなった赤血球の色素が代謝される過程でできたものです。赤血球は蛋白質の中でも非常に合成が活発で、常に新しく作り変える必要があるので、そうして古くなり捨てる量も多い訳です。もちろんこれは赤血球に限った事ではありません。蛋白質は常に新しく作り変えられており、古くなったものは分解して再利用するか捨てる必要があります。それこそが新陳代謝です。

排出されるべき老廃物が排出されないという事は、既に新陳代謝が滞っている可能性があります。それによっては例えば他の栄養素の吸収や代謝を邪魔したり、血の巡りを悪くしたり、脳や他の臓器の働きを鈍らせたり、怪我や肌荒れなどの治りを遅くしたり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったりする事があります。また大便に至るまでの処理がスムーズに行われていない可能性もあります。暴飲暴食、過度な食事制限、過度な運動、不規則な睡眠、過度なストレスなど、特に肝臓や腎臓などの健康を維持する事は非常に重要です。


発汗によるデトックス効果

老廃物の排出においては「発汗」をいわゆる「デトックス効果」などと言う事もあります。しかし実際には発汗によるデトックス効果は微々たるもので、汗によって排出されるのは水分、ミネラル、水溶性ビタミンぐらい(老廃物のも排出されるが、大便としての役割を考えれば非常に微量である)です。発汗によって体重が減るのは、水分が排出された事による一時的な浮腫の改善によるものです。特に過剰な発汗は脱水症状、乾燥、熱中症、筋肉の痙攣などを招きます。発汗する場合、水分や栄養補給はむしろ意識的に行うべきです。

ちなみに気温の上下動によってはいわゆる「夏バテ」になる事があります。この夏バテは自律神経の疲労によって起こると言われていますが、実はナトリウムの不足によって胃液の分泌が悪くなり、胃腸の働きが鈍くなる事による「胃もたれ」が大きな原因になっていると言われています。「ナトリウム(塩分)」と聞くと制限した方が健康に良いと思われていますが、過度な制限は逆効果です。


腸内環境を整え、ビタミンを作ろう

実は腸内細菌が食べ物(食物繊維等)を分解する際、ビタミンKやビタミンB群を作る事ができます。この内ビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビオチンの8種類の総称で、実は腸内細菌ではそれら全てを作る事ができると言われています。特にビタミンB群は糖・蛋白質・脂肪の関わる様々な代謝に必須なビタミンです。もし何らかの原因によって腸内環境の悪化したり、あるいは食習慣におけるビタミンB群が不足したりすれば、当然バストアップにも悪影響を及ぼします。

一方、ビタミンKは出血した際に血を固める役割や、カルシウムの吸収を促す役割などを持っています。バストアップとは直接関係ありませんが、女性はカルシウムが不足しやすいため、単にカルシウムをたくさん摂取するだけでは不十分です。腸内環境を整えると共に、ビタミンKを含む大豆製品や緑色野菜を定期的に食べるようにしましょう。


腸内環境は食習慣以外の要素も関係している

「腸内環境を整えよう」とした時、多くの人は食事だけでどうにかしようとします。しかし一度狂ってしまった腸内環境は食事だけでは元に戻りません。腸内環境には食習慣以外にも様々な要素が関係しているからです。

特に代表的なのが「睡眠習慣の乱れ」です。睡眠は臓器はもちろん脳を休めるために必要な生活習慣の一つであり、その睡眠習慣が乱れれば当然胃腸の働きは鈍くなります。いくら体に良いものを食べても、胃腸が活動的でなければ消化・吸収不良を起こし、異常に便の量が増えたり、便が固くなったり、逆に下痢をする事にも繋がります。まずは睡眠習慣を改善すべきでしょう。

尚、睡眠習慣にはメラトニンやセロトニンなどのホルモンが関係しています。この内メラトニンは脳や体に睡眠を行うための準備を行い、その睡眠の質を高める役割があると言われています。特に性ホルモンの分泌をコントロールし、ホルモンバランスを整えてくれる役割があります。一方、セロトニンは心身を活性化させ、いわば活動力の源になるホルモンで、特にドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関わるホルモンをコントロールする役割があります。つまり睡眠習慣はストレスとも密接に関係しており、睡眠習慣の改善と合わせ、スレトスコントロールも合わせて行うべきでしょう。


食物繊維と発酵食品に偏るべきではない

お腹に良いから、健康に良いから、ダイエット効果があるから・・・などと野菜ばかり食べる人がいますが、食物繊維は消化酵素で分解できず、腸内細菌でしか分解されません。また分解する事で一部のビタミンは作れるものの、殆どエネルギー(僅かに短鎖脂肪酸を合成できる)にもなりません。そのため野菜だけの食習慣ではいわゆる「省エネ体質」になってしまう可能性があります。省エネ体質になると、エネルギー消費の激しい筋肉を維持する事よりも、脂肪のようなエネルギーを節約しながら少しずつ使い、「今を生きる」事を優先させるようになります。すると筋肉が落ち、基礎代謝が低下、その状態で食事を戻せばリバウンドのリスクが高まります。

またお腹に良いとされるヨーグルトや納豆などのいわゆる「発酵食品」も、そればかりを食べるのは栄養バランスの偏りをもたらします。心身の健康を維持するためには「バランス良く栄養を摂取する」という事が大前提です。特定の栄養素を集中的に摂取して、その結果それ以外の栄養素が疎かになってしまったら、いくら体に良い物を食べても意味がありません。そうやって特定の食べ物や栄養素を摂取するだけで便通を改善しようとするのが大きな間違いなのです。


全身をよく動かすような運動をすべき

腸内環境は運動習慣によっても大きな影響を受けます。日常的に椅子に座った姿勢を続けていると背中が丸くなり、お腹や背中の筋肉が衰えてしまいます。お腹や背中の筋肉は臓器を支える役割があるので、衰えると胃腸の働きも鈍くなる事があります。お腹周りをよく動かすような全身運動は胃腸に直接刺激を与えると共に、周囲の筋肉を鍛える事ができます。お腹や背中をよく動かすような全身運動は非常に重要です。筋トレのような運動の他、血流を促すような有酸素運動(体を振動させない、脂肪燃焼のために行うべきではない)も良いでしょう。

また人の体は常に古い細胞を新しく作り変える事によって健康を維持しています。例えば筋トレによって筋肉に対して一定のストレスを与えると、そのストレスから細胞を守ろうとします。これは環境に適応する防衛本能の一つです。つまり細胞はストレスを受ける事で、修復・合成するための代謝が活性化し、そのための材料を消化・吸収・利用するために胃腸の働きも活発になるのです。「適度な」運動はその意味でも重要です。


★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト


PR
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座