<< バストアップと快便の関係について | main | 規則的なリズムを作って自律神経を働かせよう >>

モチリン・グレリン・レプチン・インスリンについて

この記事ではモチリン、グレリン、レプチン、インスリンという4つのホルモンについて、私なりに考えた事を書いています。やや長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

「モチリン」というホルモンについて

人は脳や体を動かすためのエネルギーが不足した時に大きな空腹感を感じ、この時には小腸から「モチリン」というホルモンが分泌されています。このモチリンが分泌されると胃が活動的になり、胃に残っている食べ物を小腸へと送ろうとします。それによって次の食べ物を消化するために準備を行うのです。尚、この胃が動く時に「グー」という音がなり、それを我々は「お腹が空いたサイン」として感じ取る事ができます。

特にこのモチリンは血糖値が下がった時に分泌されます。例えば糖の多い食事を摂った時に血糖値が急激に上がる事がありますが、実はインスリンという血糖値を下げるホルモンを大量に分泌する事でそれを無理やり抑えようとします。この時、血糖値の下がり幅が大きいと脳が「糖が不足した」と勘違いする事があり、空腹感をもたらすモチリンを大量に分泌させてしまうのです。すなわち「糖の多い食事をすると空腹感が早くに訪れる」事になり、次第に食事の回数や量が増えていく事になります。それは当然肥満や糖尿病などに繋がります。


「グレリン」というホルモンについて

空腹の状態が長く続くと今度は「グレリン」というホルモンが分泌されます。このグレリンには「成長ホルモンを分泌させる」という役割があり、それによって新陳代謝を活性化させようとします。人は食べ物や飲み物がなければ生命活動を維持する事ができません。ですので「空腹が長く続く」という事は一種の「飢餓状態」であり、生命に危機が及ぶ可能性のある状態とも言える訳です。そのためその飢餓状態をできるだけ長く耐え、次の食べ物にありつけるまで生き延びる必要があり、成長ホルモンを分泌させ心身を活性化させているのです。要は脳が勝手に勘違いしているという事ですね。

逆に例えば食事と食事の感覚が短い事によって「空腹を感じる時間が短い」人は、脳が飢餓状態だと勘違いする事がないためグレリンは分泌されません。ですのでその分の成長ホルモンを損する事になります。もちろんこれは「グレリンを分泌させるために食事の回数や量を減らす」という意味ではありません。長時間体内の糖が枯渇すると、筋肉内にある糖やタンパク質、乳酸などを分解(せっかくバストアップのために運動をしていてもどんどん筋肉が萎んでいくという事)してエネルギーの代わりにしてしまいます。ですのでグレリンを分泌させるためには「三食決まった時間に食事をする」事が重要です。決まった時間に食事をする事ができれば自然と次の食事までの時間が空き、栄養を損なう事なくグレリンを分泌させる事ができます。ちなみにグレリンには食欲を増進させる働きもあり、結果として食事量は増える(成長期には効果的だがダイエット中では逆効果になる事もある)事になります。


「レプチン」というホルモンについて

逆に満腹感を感じている時には「レプチン」というホルモンが分泌されています。このレプチンは体にある脂肪細胞から血液を通して脳へと運ばれ、これが脳の満腹中枢に作用する事で大きな満腹感を得る事ができます。これは単純に言えば「糖」や「脂肪」の多い食事をすれば大きな満腹感を得られるという事であり、一度「糖や脂肪の多い食事」にハマると抜け出すのが難しいのはこれがあるからです。しかしレプチンにはエネルギー消費を活性化させるという役割もあり、分泌される事で実は逆に脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。栄養を十分に補給できたらそれを消費しようとするのはごく当たり前の事ですからね。

しかし「糖や脂肪をたくさん摂ってレプチンを分泌」させようとすると肥満や糖尿病に繋がりますから、その他の方法でレプチンを分泌させて満腹感を得る必要があります。それは何かというと「咀嚼(よく噛んで食べる)」です。実はよく噛んで食べるだけでレプチンは分泌され、最低限の食事の量でも十分な満腹感を得る事ができるのです。これが「よく噛んで食べる=太らない」とよく言われる所以です。


インスリンというホルモンについて

インスリンは血糖値を下げる働きを持っているホルモンです。人は血糖値が下がって体内の糖(エネルギー)が枯渇すると空腹感を感じます。これは糖が脳や筋肉などを活動させるために必要不可欠なエネルギーだからです。ただしこの時の血糖値の低下はインスリンの分泌によって下がったのではなく、体内の糖が枯渇する事によって自然に血糖値が下がっただけです。ですのでその時点ではまだインスリンはほとんど分泌されていません(分泌自体はされているが血糖値を保つために安定した分泌になっている)。

しかし食事において糖を摂った後には実際に血糖値が上がるため、膵臓からインスリンを分泌し、血糖値が急激に上がらないようコントロールしようとします。もちろんインスリンの働きによって血糖値が下がり過ぎてもいけないので、アドレナリンや成長ホルモンなどの「血糖値を上げる」ホルモンも分泌させてバランスを取ります。しかし一度に摂取する糖の量があまりにも多いと急激に血糖値が上がってしまう事があります。インスリンはその急激な上昇を抑えるため反射的に大量分泌されますが、インスリンが大量に分泌されるとその効果で急激に血糖値が下がって(脂肪細胞へ無理やり糖を取り込む→中性脂肪に変換される)しまい、それによって強い空腹感に襲われる事があります。すなわち体内の糖が不足しておらず、まだ胃に食べ物が残っているのに次の食べ物を求めてしまうのです。

その結果、次の食事までの間隔が短くなっていき、食事の回数や量はどんどん増えていきます。これはいわゆる「リバウンド」と同じ状態であり、例えば「炭水化物抜きダイエット」を行って急激に食事の糖を抜くとこれが起こりやすくなると言われています。そういう極端な食習慣(暴飲暴食→糖分制限→リバウンド→ダイエット→繰り返し)を続けていると、インスリンの分泌頻度や一度の分泌量が増える事によってインスリンの分泌機能が疲労していきます。
実は血糖値を下げる働きを持っているホルモンはインスリンしかありません。ですのでインスリンの分泌機能自体が壊れると血糖値が高い状態(血管を血液が通りにくくなり、まず細い血管がダメージを受け、いずれは太い血管までダメージを受ける)が続く事になります。それが糖尿病と呼ばれる状態です。


スポンサーサイト


PR
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座