<< バストアップと快便の関係について | main | 自律神経を整えてバストアップ >>

食事に関わるホルモンとバストアップについて

この記事では食事に関わるホルモンモチリン、グレリン、レプチン、インスリン、コルチゾール、グルカゴンといったホルモンと、バストアップの関係について、私なりに考えた事を書いています。尚、詳しくは別ブログ「体質を改善したい人のための知識集」にある『「豆知識集26」食事に関わる様々なホルモン』にまとめているのでそちらをご覧ください。

JUGEMテーマ:バストアップ

「モチリン」というホルモンについて

モチリンは小腸から胃へ向かって分泌されるホルモンで、エネルギーの補給が必要になった時、分泌する事で胃を活動的にし、胃に残っている食べ物の残りカスを小腸へ運ぶ役割があると言われています。そうする事で次の食事の準備を行う訳です。尚、胃が活発に動くと特徴的な「グーッ」という音が鳴り、それを我々は「お腹が空いたサイン」として感じ取る事ができます。


「グレリン」というホルモンについて

栄養不足の状態がしばらく続くと、今度は「グレリン」というホルモンが分泌されます。このグレリンは胃から分泌されるホルモンで、脳下垂体を刺激する事で成長ホルモンの分泌を促す作用があると言われています。成長ホルモンは細胞の修復・成長に関わるホルモンで、そうして新陳代謝を活性化させる事で、次に食べ物にありつくまでにできるだけ生き永らえようとしていると考えられています。また成長ホルモンには血糖値を上昇させる役割もあり、エネルギー不足による低血糖を防ぐ事ができます。

そのようにグレリンを分泌するためには「食事の間隔を空ける」必要がありますが、食事の間隔を空け過ぎ、エネルギー不足の状態が長く続くと、省エネ状態に入ってしまいます。省エネ状態とはエネルギー消費の激しい筋肉の維持・成長よりも、今を生きる事を優先し、脂肪などのエネルギーをむしろ節約するようになった状態の事です。それを防ぐには「毎日同じ時間に食事をする」事が重要です。尚、グレリンには食欲を増進する役割もあります。食欲を抑える方がダイエットでは良いと思いがちですが、実際には抑えるほど食欲は強くなります。


「レプチン」というホルモンについて

逆に満腹状態では「レプチン」というホルモンが分泌されます。このレプチンは脂肪細胞から脳へと運ばれ、満腹中枢を刺激する事で大きな満腹感が得られると言われています。つまり単純に言えば、脂肪細胞の維持に必要な「糖や脂肪の多い食事」をすれば大きな満腹感が得られるという事であり、肥大した脂肪細胞を持っている人ほど、糖や脂肪の多い食事に固執してしまう理由もこれで説明できます。

しかし食欲を満たすために「糖や脂肪をたくさん摂取してレプチンを分泌する」のは、あまりにデメリットが大きすぎます。そこで、その他の方法でレプチンを分泌させる必要があり、それこそが「咀嚼(よく噛んで食べる)」です。実はよく噛んで食べる事でレプチンの分泌が促されると言われており、それによって大きな満腹感を得る事ができます。

ちなみにレプチンにはエネルギー代謝を活性化させる役割もあるとされ、分泌される事ではむしろ余計な脂肪の蓄積を抑える作用があると言われています。エネルギーを十分に補給できたら、それを消費しようとするのはごく当たり前の事ですからね。


「インスリン」というホルモンについて

インスリンは人体で唯一血糖値を下げる働きを持つホルモンで、血液中の糖を細胞へ取り込ませ、細胞内へエネルギーを運搬する重要な役割があります。つまりインスリンの分泌は生命活動を維持する上で必要不可欠なもので、そのインスリンを分泌させる糖の摂取は非常に重要です。

しかし血糖値の上昇幅によってはインスリンが大量に分泌され、一時的に血糖値が下がりすぎてしまう事があります。そうして血糖値が下がると「エネルギーが枯渇した」と勘違いし、人によっては大きな空腹感に襲われる事があります。つまり糖が十分な状態であるのに、次の食事を求めてしまい、慢性的に高血糖の状態が続くようになるのです。高血糖は血液を流れづらくし、細い血管を詰まらせたり、血管の壁を傷つけて血栓をできやすくしてしまいます。

尚、血糖値が下がると、アドレナリン、グルカゴン、成長ホルモンなどの血糖値を上げるホルモンが分泌され、今度は血糖値が上昇する方向へ行きます。そうして普段は血糖値を上手くコントロールしているのですが、下がり幅が大きいほど上がる幅も大きくなり、そういったホルモンの作用が強く現れます。不要な分泌は心身に大きな負担になります(例えばアドレナリンによる高血圧、動悸、息切れ、手の震え、不整脈、恐怖など)。


「コルチゾール」というホルモンについて

ストレスには様々なものがありますが、大きなストレスを感じると、副腎から「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。このコルチゾールは糖・脂肪・蛋白質の代謝をコントロールし、炎症反応を抑える働きがあります。ストレスをきっかけにして分泌されるホルモンとしてはノルアドレナリンやアドレナリンなどがありますが、コルチゾールはそれらによる心身の過剰な反応を抑え、コントロールする役割があると言われています。

尚、コルチゾールはコレステロールから「プレグネノロン」という物質を経て作られています。このプレグネノロン、実はプロゲステロン(黄体ホルモン・女性ホルモン)、テストステロン(男性ホルモン)、エストロゲン(卵胞ホルモン・女性ホルモン)の前駆体とされる物質です。このためコルチゾールの分泌量が過度に増えると、性ホルモンの分泌量が乱れる事があります。

ちなみにコルチゾールの過剰な分泌では、免疫力を低下させたり、脳にある海馬(記憶を司る)を萎縮させる事があると言われています。程良いストレスは人間を成長させてくれる事もありますが、大きすぎるストレスはそのように身を滅ぼしてしまうのです。バストアップにも当然良くないでしょう。


「グルカゴン」というホルモンについて

コルチゾールには「グルカゴン」の分泌を促す作用があります。このグルカゴンには血糖値を上げる作用があり、インスリンの作用やエネルギー不足等によって血糖値が下がった際、血糖値を上げる事でバランスを取る役割があると言われています。

またグルカゴンは「糖新生」に深く関与しているホルモンです。糖新生とは糖が不足した際、グリコーゲン、脂肪、アミノ酸、乳酸などを分解し、それを糖の代わりにエネルギーとして利用するシステムの事です。バストアップという点で言えば脂肪が分解される事で胸が萎むため注意が必要です。尚、糖新生は糖質制限を行った際に促されますが、脂肪だけでなく蛋白質も分解されるため、実は筋肉も分解されやすくなります。それがストレス(空腹によるストレス、精神的なストレス、肉体的なストレス)をきっかけにして起こるという事です。



スポンサーサイト