<< 自律神経を整えてバストアップ | main | 必須アミノ酸とコラーゲンの摂取について >>

性ホルモンの分泌バランスとバストアップ

この記事では性ホルモンの分泌バランスとバストアップの関係について私なりに考えた事を書いています。尚、詳しくは別ブログ「体質を改善したい人のための知識集」にある『「豆知識集25」男性ホルモンと女性ホルモン』にまとめているのでそちらも合わせてご覧ください。

JUGEMテーマ:バストアップ

女性ホルモン(エストロゲン)の役割について

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、分泌される事で心身に女性的な特徴が現れ、その分泌量が増える事でその作用は大きくなります。バストアップをする上で重要なのが「脂肪の代謝に関わる機能」で、これにより全身に脂肪が付きやすくなり、特に胸に脂肪が集まるようになります。また思春期においては骨にある骨端線を閉鎖させ、身長の伸びを止める作用もあります。これにより女性は男性よりも身長の伸び始めが早くなり、また伸び終わりも早くなります。この他、体毛を薄くしたり、声を高くしたり、意識的に心を女性化したりする作用がある他、皮膚を薄くしたり、コレステロール値をコントローする役割もあると言われています。

女性ホルモンと聞くと思春期前後に分泌量が増えるというイメージがあり、それ以前は分泌されていないかのように思ってしまいますが、実は女性ホルモンは思春期以前から分泌され続けており、その蓄積によって思春期へのスイッチが入ると言われています。そのスイッチを抑えているのが睡眠に深く関わるメラトニンというホルモンで、すなわち睡眠習慣の崩れは思春期を早め、いわゆる「早熟」となり、また思春期中及び思春期以降における性ホルモンのバランスを崩れさせる原因になる事があります。

尚、メラトニンはセロトニンから、セロトニンはアミノ酸の一種であるトリプトファンから作られます。トリプトファンは一般的に蛋白質の多く含まれる動物性の食品に多く含まれています。特にダイエットでは肉や魚など脂肪の含まれる食品を制限してしまう事が多く、トリプトファンが不足する事があります。またセロトニンは精神安定に関わる重要なホルモンであるので、無理な食事制限→トリプトファンの不足→ストレス耐性の低下→睡眠習慣の崩れ→メラトニンの分泌悪化→思春期の乱れと繋がっていきます。それはバストアップにも大きな妨げになるでしょう。

ちなみに女性ホルモンにはプロゲステロンというホルモンもあります。こちらはエストロゲンとは違って思春期以前は殆ど分泌されず、思春期以降に分泌が促され、特に妊娠に関わる機能の維持・成長、及び胎児を守るための免疫機能の維持・向上において重要な役割を果たしていると言われています。


思春期中に起こる心身の変化を受け入れる

思春期というのは女性が大人の体になるため、将来妊娠して子どもを出産するための準備を行う期間です。つまり思春期中に起こる心身の変化は必要不可欠な変化で、それを抑える事は誰にもできないはずです。しかし女性の多くは急激な女性ホルモンの分泌による脂肪の代謝の変化を受け入れる事ができず、無理な食事制限を行って、それを邪魔をしてしまいます。ダイエットを行って一時的に痩せればそれで達成が得られるかもしれません。しかし長期的に考えるべきです。今何を優先すべきでしょうか。

尚、それもこれもダイエットや健康に対する考え方が間違っているからです。脂肪が落ちるほどの食事制限では必ずと言って筋肉も落ちています。筋肉が落ちれば基礎代謝が低下します。基礎代謝が低下した状態で食事を戻せばリバウンドします。痩せれば健康になれる?痩せれば美しい?まずはその考え方を改める所から始めましょう。それがバストアップの第一歩です。


男性ホルモンと女性ホルモンの分泌バランス

男性ホルモン(テストステロン等)と聞くと、女性では分泌されないようなイメージがありますが、女性でも男性ホルモンは分泌されています。もちろん女性で分泌される男性ホルモンの量は男性と比べれば非常に少ないのですが、実はその少ない男性ホルモンが重要な役割を持っており、女性ホルモンに対して拮抗し、女性ホルモンの分泌が過度に行われたり、その分泌が不安定になる事を抑えてくれると言われています。要はその分泌バランスが心身の健康を維持する上では重要であり、女性ホルモンは増えすぎてもいけません。

また男性ホルモンや女性ホルモンは脂肪の一種であるコレステロールから作られます。コレステロールと聞くと悪いイメージしかありませんが、実はそのように性ホルモンの役割になる重要な役割があるのです。更にコレステロールのような脂肪の代謝は「必須脂肪酸」のバランスによって成り立っています。必須脂肪酸にはω-3脂肪酸(αリノレン酸、EPA、DHA)とω-6脂肪酸(リノール酸、γリノレン酸、アラキドン酸)という大きく分けて2つの脂肪酸があり、食事制限を行うと脂肪の絶対量が不足する上、その必須脂肪酸のバランスが崩れる事があります。これにより女性ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼす事があります。

尚、男性ホルモンには体毛を濃くしたり、声を低くしたり、性欲を増進させたり、闘争心を高めたり、筋肉の成長を促したり(胸は萎む)などの作用があります。何らかの原因で女性ホルモンの分泌量が減ると、そうした男性ホルモンの作用が強く出る事があります。特にストレスコントロールは重要です。一方、トップレベルのスポーツ選手ではそうして男性ホルモンの働きを優位にする事で、パフォーマンスを高める事ができますが、当然胸は萎みますし、人によっては月経異常などが起こる事もあります。


女性ホルモンを増やすにはどうしたら良いのか

ここでは考えられる方法を簡単に挙げます。まず女性ホルモンの材料は脂肪の一種コレステロールです。よって脂肪を極端に制限するような食習慣、脂肪の元になる蛋白質や糖を制限するような食習慣は避けるべきでしょう。また脂肪の代謝には必須脂肪酸であるω-3脂肪酸とω-6脂肪酸のバランス、各種ビタミン・ミネラル、そして不要に糖・蛋白質・脂肪が余らないようにする運動習慣や日常の行動(筋肉だけでなく脳もエネルギーを消費する)も必要です。

しかしながら胸は脂肪であるので、脂肪が極端に減ってしまうようなハードな運動を続けるのも良くありません。運動を行うのであれば、基礎代謝やその運動量に見合うようなエネルギーを摂取する事も重要なのです。常にバランスを考えましょう。特にエネルギー不足が続く事で省エネ状態になり、エネルギー消費の激しい筋肉が後回しにされてしまう事があります。これは何よりも避けなければなりません。更には睡眠習慣の改善やストレスコントロールも必要になるでしょう。

その他、細かな点では「誰かに恋をする」「大量発汗した際、水分・水溶性ビタミン・ミネラルを補給する」「太陽光を浴びる(セロトニン分泌→セロトニンの分泌によるメラトニンも分泌→睡眠習慣・ストレス耐性改善、ビタミンDの合成)」「胸を揺らさない(女性ホルモンとは関係ないが垂れる原因になる)」「無酸素運動は無酸素運動として行う(長時間ダラダラ行わない。またあまりにハードなものは避ける。運動量に応じた食事を考える)」などが挙げられます。細かな点については過去記事をご覧下さい。


★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト