<< 自律神経を整えてバストアップ(別ブログリンク) | main | コラーゲンの摂取でバストアップ?(別ブログリンク) >>

性ホルモンの分泌バランスとバストアップ(別ブログリンク)

一般的には男性では男性ホルモンが、女性では女性ホルモンが分泌されるという認識だと思います。しかし実際は男性でも女性ホルモンは分泌されており、女性でも男性ホルモンは分泌されています。その量は少ないですが、お互いに分泌を制御し、全体のバランスを整える役割があると言われています。

特にバストアップのためには、女性ホルモンの分泌量を増やさなければなりません。しかし女性ホルモンは多すぎても良くありません。単に女性ホルモンの分泌量を増やすだけだと、そのように分泌バランスが崩れ、心身の健康に悪影響を及ぼす事もあるからです。重要なのは「安定的に分泌させる事」と「平均的に分泌量を増やす事」です。

では、どのようにして女性ホルモンの分泌を整えれば良いのか?ですが、まず重要になるのは睡眠習慣の改善です。規則的な睡眠習慣があるとメラトニンというホルモンが分泌され、その作用により性ホルモンの分泌を制御できます。またメラトニンは昼間に分泌されるセロトニンから分泌されます。つまり昼間は活動的になり、太陽の光を浴びる事が重要になる訳です。更にそのセロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。そのため蛋白質を豊富に含む食品を食べる事も重要になります。

一方、女性ホルモンは脂肪の一種であるコレステロールから作られます。そのためその元になる脂肪の摂取が重要です。また胸は脂肪です。バストアップのために筋トレを行う人もいますが、運動を行う事で、基礎代謝+運動量が消費量を下回ってしまうと、全身の脂肪の量が減り過ぎ、それに伴って胸が萎んでしまいます。それを防ぐためにも脂肪の過度な制限は避けるべきです。特に脂肪の代謝に関わる必須脂肪酸はむしろ意識的に摂取する必要があります。

この他、ストレスを受けた際に分泌されるホルモン、実はこれもコレステロールから作られます。つまりストレスを受け続けるほど、コレステロールが別の用途に使われてしまい、性ホルモンの分泌に悪影響を呼ぼす可能性もゼロではありません。特に女性ホルモンの合成能力やそれを受け取る受容器には遺伝的な要素が関係しているため、総量が少ない人によっては女性ホルモンは貴重なものです。女性ホルモンができるだけ効率良く働かせるよう、ストレスコントロールをしましょう。

尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『男性・女性ホルモンそれぞれの作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ


スポンサーサイト


PR
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座