<< 親からの生活習慣の遺伝に注意しよう(別ブログリンク) | main | 間食の機会を利用してバストアップ(別ブログリンク) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ナッツ類を食べてバストアップ?(別ブログリンク)

ナッツ類には様々な種類の栄養素が含まれています。特に蛋白質、必須脂肪酸(ω-6脂肪酸のリノール酸)、ビタミンB群、ビタミンE、マグネシウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅、食物繊維などが含まれています。いずれも豊富であり、全体としての栄養価が非常に高いです。不足しがちな栄養補給の手段として有用でしょう。

特にナッツ類はビタミンEの摂取源として重要です。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素の増殖を抑え、細胞の酸化あるいは脂肪の酸化を抑えてくれます。またビタミンCなど他の抗酸化物質を再利用する役割もあり、抗酸化機能をより高めてくれます。その他、ビタミンEは末梢血管を拡張し、血流を促してくれる作用もあります。当然バストアップにも重要です。

またそのようにナッツ類はミネラルが豊富で、特に糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助するマグネシウムの摂取源として重要です。このマグネシウム、実は食品からでも元々の吸収率が悪く、様々な食品から少しずつ摂取する必要があります。ナッツ類は手軽に口に入れる事ができるので、その意味でも有用です。尚、個人的には必要に応じ、サプリメントを利用しての摂取もオススメです。

そしてナッツ類に含まれている必須脂肪酸も重要です。特にナッツ類は全体としてω-6脂肪酸の一種であるリノール酸が豊富で、これにはアレルギー反応の制御やコレステロール値の調節などの役割があります。もちろん胸は脂肪なので、その供給源にもなります。一方、リノール酸のような多価不飽和脂肪酸は酸化されやすく、抗酸化物質と一緒に摂取する事が重要です。そのようにナッツ類はビタミンEが豊富なので、その意味でも効率良くリノール酸を摂取できるでしょう(できればビタミンCやビタミンAも一緒に摂取しておきたいところ)。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ナッツ類を食べてミネラルと脂肪を摂取しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ



スポンサーサイト


PR
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座