| main | 成長ホルモンの分泌を促すとされるアルファGPC >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


糖も脂肪も本来は体にとって必要不可欠なもの

糖や脂肪と聞くと「太る」イメージを持ってしまう人が多いですが、糖も脂肪も健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです。ここではそんな糖や脂肪について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よろどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

炭水化物は五大栄養素の一つである

「五大栄養素」という言葉を聞いた事があるでしょうか。五大栄養素とは「炭水化物・タンパク質・脂肪・ミネラル・ビタミン」という5つの栄養素の事を言います。何故「五大栄養素」という言い方をするかというと、これらが健康を維持する上で必要不可欠な栄養素だからです。例えばダイエットでは「炭水化物制限」を行う人はかなり多いですが、炭水化物(糖)は筋肉や脳を動かすためのエネルギーとして必要なものであり、これが不足すると筋肉や脳が正常に機能しなくなる可能性があります。すなわち糖を極端に制限するという事は「脳や筋肉を使わずに痩せようとする」という事であり、美容どころか健康を害すだけでしょう。

確かに糖は蓄積すればいずれ脂肪へと変換され、一度脂肪になると有酸素運動でしか効率良く燃やす事ができなくなります。だったら単純に糖が脂肪へと変わる前に糖を摂った分だけ筋肉と脳を動かせば良いだけの話です。「絶対摂らない」と思考を停止させるのではなく「何故糖を摂ると脂肪になってしまうのか」「適切に摂る=どのぐらいの量が自分にとって適切なのか」を考えましょう。


脂肪も五大栄養素の一つである

一方、脂肪も五大栄養素の一つであり、健康を維持するために必要不可欠な栄養素です。前述した通り脂肪と聞くと太るイメージがあると思います。もちろん食事の量を減らせば体に蓄積される脂肪の量は減りますが、そのようにただ食事を変えるだけでは「脂肪の蓄積を抑える方法」としては不十分です。何故なら「脂肪の代謝自体が悪い」事によって「体の一部分に脂肪が蓄積している」可能性があるからです。例えば体に蓄積した脂肪の量を減らしたいからと食事の量を減らし、実際に脂肪の量が減ったとします。しかしそれだけでは代謝は改善できていないので食事を元に戻した途端に脂肪は蓄積し始めてしまいます。ダイエットをしている人の多くはこのようなループにハマっているのです。

女性においては女性ホルモンの分泌が脂肪の代謝に関わっていますが、女性でも男性ホルモンは分泌されており、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスこそが脂肪の代謝に影響を与えています。ですので脂肪の蓄積が気になる場合、まずは男性ホルモンと女性ホルモンの分泌バランスを正常に戻す事が重要になります。それを解決してくれるのが「メラトニン」というホルモンです。このホルモンは睡眠に関わる重要なホルモンで、性ホルモンの分泌をコントロールする役割があり、脂肪の代謝を正常に戻すためには「睡眠習慣の改善」が実は最も近道になるのです。

そうしてホルモンバランスが整い、脂肪の代謝が正常に戻れば胸以外の体の一部分に脂肪が蓄積する事も自然に減っていきます。それによってわざわざ有酸素運動の時間を作らなくても勝手に脂肪が代謝されていくのです。私はその自然体こそが真の健康・真の美容であると考えています。


体に何故「脂肪」が必要なのか

何故脂肪が必要不可欠かというと、脂肪がエネルギーとして非常に有用だからです。例えば食べ物や飲み物が入手できない状況に陥った時、そのままでは餓死してしまいますが、脂肪というエネルギーがある限りは生き延びる事ができます。それによって「氏ぬまでの時間に猶予を持たせる」事ができ、次の食べ物や飲み物にありつく可能性を高め、更に自分の遺伝子を後世へ残す可能性も高めているのです。どっちにしても氏ぬのなら、その場でただ氏を待つよりできるだけ長く生きた方が良いですよね。脂肪はその可能性を高めてくれる救世主のような栄養素なのです。

また脂肪は様々なホルモンの材料としても使われており、特にその一部は男性ホルモンや女性ホルモンの材料にもなると言われています。ですので脂肪を極端に制限するとそれら性ホルモンの分泌が正常に行われなくなってしまう可能性もあります。女性において男性ホルモンの方が優位に働けば美容とは逆効果になるのは言うまでもありません。


脂肪にも「必須脂肪酸」というものがある

タンパク質にはその材料となる必須アミノ酸があり、必須アミノ酸は体内だけでは一から作る事はできません。ですので常に食事から摂り続ける必要があります。それと同じように実は脂肪にも「必須脂肪酸」というものがあり、この必須脂肪酸も体内だけでは一から作る事ができない重要な栄養素なのです。

必須脂肪酸には「ω-3脂肪酸」と「ω-6脂肪酸」の2種類があります。この内「ω-3脂肪酸」が「ALA(α-リノレン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」「DHA(ドコサヘキサエン酸)」の3種類、また「ω-6脂肪酸」は「リノール酸」「γ-リノレン酸」「アラキドン酸」の3種類があり、これらをバランス良く摂る事が健康の維持には必要不可欠とされています。ただし現代人では「ω-6脂肪酸」を摂りすぎている傾向にあり、逆に「ω-3脂肪酸」が不足している傾向にあると言われています。「ω-6脂肪酸」は「ω-3脂肪酸」と比べて燃えにくく、蓄積すると生活習慣病の原因になります。ですので食事においては「ω-6脂肪酸」を避けて「ω-3脂肪酸(青魚や一部の植物油)」を意識的に摂る事が重要になります。

しかし逆に「ω-3脂肪酸」を多く摂りすぎ、「ω-6脂肪酸」が極端に不足しても健康には問題が出ます。何故ならどちらも「必須」だからです。ですので脂肪の代謝を改善する上では「意識的に摂る・全く摂らない」という事よりも「摂りすぎず摂らなすぎない」事が重要になります。そのバランスこそが脂肪の代謝改善及びバストアップのためには非常に重要になるのです。


・ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル

ネイチャーメイド・スーパーフィッシュオイル
必須脂肪酸(ω-3脂肪酸)を補う事ができるサプリメントです。脂肪はホルモンの材料に使われており、人間にとって必要不可欠なものです。特に「ω-3脂肪酸」は不足しやすいと言われており、青魚や植物性の油(エゴマ、アマニ、シソ)が苦手な人にオススメです。尚、脂肪の多い料理に含まれるのは「ω-6脂肪酸」であり、こちらも必須脂肪酸ですが現代人は摂り過ぎていると言われています。


スポンサーサイト


PR
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座