<< よく噛んで食べる事は美容に繋がる(別ブログリンク) | main | 美容に良いとされる様々な栄養素たち(別ブログリンク) >>

思春期以降の基本的な胸の大きさは変化しにくい

実は、思春期以降の基本的な胸の大きさは変化させる事が難しいと言われています。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

思春期以降では女性ホルモンの分泌は安定化する

女性が思春期を迎えると女性ホルモンが大量に分泌され、それによって大人の体になるための準備を行います。その過程では女性ホルモンの影響によって全身に脂肪がつきやすくなり、それによって胸も大きく発達します。しかし思春期を過ぎると女性ホルモンの分泌は次第に落ち着いていき、その分泌は安定していきます。思春期のように大量に分泌される事はなくなり、その代わりに過剰に減るリスクも少なくなります。そのため思春期を過ぎると、胸の成長も落ち着く事になり、「胸の基本的な大きさ」は決まってしまう事が多いです。


思春期以前から行うダイエット

日本人女性は思春期を迎える以前からダイエットをしている人が多く、それが思春期を早め、かつ思春期を短期間で終える原因になる事があります。これは何故かというと、多くの人が「食事制限の事しか考えないダイエット」をしてしまうからです。特にその影響を受けるのが「メラトニン」というホルモンです。メラトニンは睡眠に規則的なリズムを持たせるために必要になるホルモンですが、実は「性ホルモンの分泌をコントロールする」という重要な役割を持っています。無理な食事制限を行うと、まずそのメラトニンが分泌されにくくなってしまうのです。

何故食事制限によってメラトニンが分泌が不安定になるのかというと、これはメラトニンがセロトニンから作られ、セロトニンが「トリプトファン(必須アミノ酸の一つ)から作られているからです。このトリプトファン、実は肉、魚、乳製品など動物性の食品に多く含まれており、ダイエットではそれを制限するため、その影響でメラトニンの分泌が不安定になるのです。

またメラトニンの元になるセロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンといった精神状態に関わる重要なホルモンをコントロールする役割があります。ただでさえ思春期では、ホルモンバランスの変化からストレスを受けやすくなっているのに、無理な食事制限を行う事で更に心身へ大きなストレスを与える事になります。それによるセロトニンの分泌が狂い、精神が不安定になり、睡眠習慣が崩れる事があります。それによりメラトニンの分泌も悪化します。

つまりダイエットによる食習慣の乱れはストレスを生み、そのストレスが睡眠習慣の乱れを招き、更にはそれが思春期中における性ホルモンバランスの崩れにも繋がっているのです。思春期以降にバストアップができないのは何故かと言えば、「健康」や「美」に対する考え方が固定化し、その考え方に基づく食事制限のダイエットを繰り返すからです。胸は脂肪です。脂肪を摂取しながら体型をより良くする方法を考えない限り、胸は大きくなりません。


思春期以降のバストアップ法

思春期を過ぎた後では「全身の脂肪のつき方に応じて胸の大きさが変化するだけ」という事が多く、思春期中に決定された「基本的な大きさ」は殆ど変化しません。繰り返しになりますが、これは思春期以降では女性ホルモンの分泌が安定化する事と、健康や美に対する考え方が年齢を重ねる事で固定化されてしまうからです。

ですので思春期を過ぎた年齢でバストアップを行うためには、「糖・蛋白質・脂肪・カロリーを制限する事を優先させない(むしろ制限せずに済む方法を考える。運動習慣・睡眠習慣・ストレス状態の改善)」「特定の食品・栄養素に固執せず、バランスを重視する(糖・蛋白質・脂肪・カロリーのコントロール、ビタミン・ミネラルの摂取)」「ホルモンバランスを整える(そうして精神安定、ストレスコントロール、脂肪の代謝改善、睡眠習慣改善に努める)」「脂肪を減らす方向で考えるのではなく、維持する事を考える(筋肉の成長にはカロリーが必要である)」「例え脂肪があっても、太って見せないように筋肉を鍛える(筋肉を鍛えると凹凸が強調され、皮膚にハリも生まれる)」「胸を揺らさない(胸の固定、長時間の運動を避ける、有酸素運動は避け適度な筋トレをする等)」などが重要になります。将来のためにも、できるだけ若い内に考え方を転換しておくべきです。

※参考記事
バストアップとダイエットの両立について
生活習慣の遺伝とバストアップについて
バストアップと快便の関係について
重要なのは体重ではなく体脂肪率



スポンサーサイト