<< 間食は栄養補給目的で行うべき | main | バストアップと睡眠の質について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


熱中症、暑さ対策、夏バテについて

急に気温が上がる事によって起こる「夏バテ」について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

夏に何故「夏バテ」になるのか

「夏バテ」とは、急に気温が上がる事によってそれに脳や体が適応できず、様々な悪い症状が起こる事を言います。その症状は人によって様々で、例えば四肢が重くなったり、思考力が低下したり、食欲不振、便秘、下痢、頭痛、吐き気、目眩などが起こります。これらの多くは自律神経のバランスが崩れる事によって引き起こされます。

自律神経は体の「不随意的な機能」を司る非常に重要なものです。「不随意的な機能」とは人が意識しなくても勝手に働いている機能の事であり、例えば呼吸や心臓の鼓動は自分が意識しなくても勝手に行われますよね。そういった人が生きる上で必要不可欠な機能の多くは「自動的にコントロールされている」のです。その中では「体温の調節」も自律神経によって自動的に行われています。夏のように気温が高くなると末梢の血管を拡張したり、汗をかいたりして体温が上がり過ぎないよう自動的に調節しているのです。

急に気温が高くなった時、過労などによって自律神経が疲れていたり、自律神経がその急激な気温の変化に対して慣れていないと、自律神経の働きが一時的に低下するという事が起こります。それによって汗をかくなどの体温調節が上手く行われず、体温が上がりやすくなります。その状態が続くと脳の温度が上昇する事で体全体の機能も低下する事になり、それがいわゆる「熱中症」と呼ばれる状態です。これは例えばエアコンの効いた室内からいきなり外出した時などでも、上記のように自律神経の働きが弱くなっていると起こる事があります。ちなみに室温と外気の差は5℃以内にする事が自律神経への負担を減らすためには望ましいとされています。


夏バテの原因は急激な気温の上昇だけではない

夏バテの原因は急激な気温の上昇だけではありません。夏バテの原因としては例えばストレス、睡眠不足、栄養不足、水分不足などが挙げられます。人は起きている限り常に体が正常に動くよう自律神経が働いており、自律神経を休める方法は「睡眠」しかないと言えます。ですので睡眠不足は即、自律神経の不調に繋がります。自律神経の不調は夏バテだけではなく、様々なホルモンバランスを崩す事にもなり、そのまま続けば長期的な体調悪化(自律神経失調症とまではいかないまでも心身が不調になりやすくなる)にもなりかねません。長期化しないよう注意し、毎日決まった時間に寝起きをして規則正しい生活をしましょう。

夏はビタミンやタンパク質の多い食事と水分補給をこまめに行いましょう。特に食事制限メインのダイエット、有酸素運動、半身浴、辛い食べ物を食べて汗をかくなど、そういった習慣が日常的にある人は意図せずに自律神経を酷使しています。汗はナトリウムなどのミネラルも一緒に放出しているので、お茶や水などをただ飲むだけではミネラルが不足して夏バテ・熱中症を加速させるだけです。夏場に限らず水分補給では少し塩分や糖分を付加したものを数十分間隔で飲みましょう。


いわゆる「熱中症」について

熱中症は体温が上がる事によって起こる様々な症状の総称で、高気温の環境では運動をしているしていないに関わらず常に「熱中症」のリスクがあります。その度合いによって症状が異なり、その人や環境によって熱中症になりやすい人もならない人もいます。ただ、適切に対処しなければ最悪の場合には命に関わる事もあり、油断は禁物です。夏、気温が高くなると必ずニュースになりますが、自分はならないと思っている人に限ってなる事が多いのです。たかが熱中症だからとか、気合や根性が足りないなどと決して甘く見ないで下さい。

熱中症は「I度」「II度」「III度」というように症状の深刻度によってレベルが分けられています。その内、症状別に「熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病」という4つの分類があります。ここではこの4つの分類について説明していきます。

●熱失神
人は自分の体温を下げようとすると血管が開いて拡張し、血圧を下げて血流量を下げます。それに脱水症状が重なると脳へ行く血の量が少なくなり、それによって意識障害や失神が起こります。意識障害というと深刻なイメージがありまうが、頭がボーっとしたりするのも意識障害の初期段階に入ります。レベル的には「I度」なのですが意識消失の際には転倒する事もあり、頭を打つなど別の怪我を伴う事があります。

●熱痙攣
人は汗と共に塩分やミネラルも外へ出しているのですが、その塩分やミネラルが不足すると無意識に筋肉が固まったり、全身が震えたりする事があります。例えば誰でも「足が攣る」という経験はあるかと思いますが、これも実は筋肉の痙攣が起こっています。レベル的には「I度」なのですが、深刻な状態になると全身の筋肉で起こる事もあります。高温多湿での水分補給の際の飲み物は塩分やミネラルが少し入ったものにしましょう。無論ですが水をただガバガバ飲むのは逆効果です。

●熱疲労
水分とミネラルの補給が適切ではなく、脱水症状になった際に起こる全身の倦怠感・疲労感の事です。大量に汗をかくという特徴があり、本人や周囲も気づかない事が多いので注意が必要です。発汗をしている分まだマシに思えますが、レベル的には「II度」であり、熱中症としては重症の一歩手前という状態です。体から水分やミネラルがどんどん失われ、そのまま放置すれば危険な状態に移行します。

●熱射病
直射日光に晒されたまま激しい運動をし、水分・ミネラル補給が追いつかなくなると起こる事があります。この状態になると脳の温度が下がらなくなるので生命を維持するための機能が低下します。それによって体温調節機能も失われ、汗を正常にかく事ができなくなり、自力で体温が下げられなくなります。最悪の場合は命に関わる事もあります。レベル的にも当然「III度」であり、即救急車・病院行きです。

熱射病と似た言葉に「日射病」という言葉がありますが、これは太陽光を直接頭に浴び続ける事で脳の温度が上がった状態の事を言います。熱中症とは違って全身の体温は上がらない事もありますが、脳の機能が低下するという意味では熱射病と同じ事が起こる事もあります。

尚、熱中症においては目眩、頭痛、吐き気、だるくなる、手足の痺れ、呼吸の乱れ、血圧の上下動など、人によって様々な症状が現れます。「いつもと違う」など思い当たるものがあったら、その場ですぐに首、股間、脇など動脈の通う関節を氷などで冷やして休んで下さい。また何度も言うように少量の塩分やミネラルの入った飲み物で水分補給をして下さい。軽度の熱中症でも対処を怠るとすぐに重症化します。尚、意識の消失で倒れた場合、熱中症以外の急性の病気の可能性(脳梗塞、心筋梗塞、低血糖、てんかんなど)もあるので、熱中症と安易に決めつけてしまうのは危険です。気温の上昇が原因で心筋梗塞や脳梗塞などが起こる事もあるので、その時の状況(転倒のしかたなど)を見て冷静な対応が必要です。


暑さに慣れるにしても人によって限界は違う

体温調節は自律神経によって自動的に行われているものであり、その自律神経は気温の上下動が激しい環境にいる事で鍛える事ができます。ですのでそのような環境下にいれば自然と暑さにも寒さにも強くなるでしょう。しかし上がった体温を下げるためには水分とミネラルが必要不可欠であり、それがなければ「暑さに慣れる」以前に自律神経自体が機能しません。また体温調節を司っている自律神経は睡眠不足やストレスなどによっても狂う事がありますし、風邪などその時の体調によっても大きく変わります。運動を行う際や高気温の中に長時間いる場合には事前の体調管理とその場の体調管理をしっかりと行いましょう。例えば部活動などで運動中の水分補給を禁止するなどは以ての外です。

尚、熱中症になりやすい環境としては「室内よりも直射日光に晒される屋外(室内でもなる事はある)」「気温が30度以上」「気温が高くなくても湿度が高い日」「前日から急激に気温が上がった場合」「室温の低い部屋から急に気温の高い場所へ出た時」「風がない日」「水分及びミネラルが不足」「その日たまたま体調が悪かった」「前日たまたま寝不足・睡眠習慣の乱れが続いている」「朝食抜きなどで栄養不足・ダイエットなどによる持続的な栄養不足」「帽子を被っていない・厚着」「肥満及び痩せ過ぎ」「年齢が60歳以上及び5歳以下」「激しい運動を行い大量に汗をかいている」「運動の割に汗の量が少ない(体質にもよる)」などがあります。挙げだしたらキリがないのですが、自律神経というのはそれだけ様々な要素に影響されるものなのです。


スポンサーサイト