<< バストアップのために重要な睡眠の質(別ブログリンク) | main | 思春期以降の基本的な胸の大きさは変化しにくい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


咀嚼の習慣がバストアップに繋がる?(別ブログリンク)

咀嚼とは簡単に言えば「食べ物を噛む」事です。特に咀嚼をし、顎を動かすと、唾液が分泌されます。これにより食べ物を湿らせ、胃腸へ運びやすくする事ができます。また唾液では糖を少しだけ分解する消化酵素も含まれており、これによって胃腸での消化・分解も補助します。つまり咀嚼は食べ物を消化するための最初のステップであり、役割として非常に重要なものです。それは結果としてバストアップにも繋がっていきます。

更に唾液には歯の表面にあるエナメル質を修復する「再石灰化」を促す役割もあります。この事はあまり知られていません。また唾液には殺菌・抗菌作用もあり、口内での菌の繁殖を抑える事もできます。つまりよく噛んで食べる事では、歯や口内環境の改善にも繋がる訳です。そして顎をよく動かす事では、口の周りにある筋肉や、顎の筋肉をよく使う事ができるので、顔の皮膚及び唇が弛みにくくなります。これにより口呼吸が改善され、口の中が乾きにくくなり、また鼻呼吸をしやすくなるので、実は免疫にも良い影響を与えます。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『「よく噛んで食べる」の積み重ねが身長を伸ばす』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ


スポンサーサイト


PR
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座