<< 簡易的な更新履歴 | main | 筋トレを行う際の呼吸法について >>

体重ではなく体脂肪率を気にしよう

ここではバストアップのために必要な「体脂肪率」の重要性について、私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『腹筋を割るためには体重ではなく体脂肪率を目安にする』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ

体重をダイエットの指標にする事はできない

ダイエットでは「体重」を指標にする事が多い事と思います。しかし体重は数値として分かりやすい反面、『「何が増えて何が減ったか」が具体的に分からない』という大きな欠点があります。

特に大量の汗をかいた後では体重が数100g減る場合があります。これは汗により水分が失われ、その水分の重さがそのまま体重の減少として現れている訳ですが、その体重の減少を「脂肪が減った」と勘違いしてしまうと、脂肪が減っていないのに食事だけ元に戻す事になり、当然リバウンドの原因になります。更には脱水症状や熱中症など体調の変化を見逃す事にもなりかねません。また下肢などに水分が溜まって上手く排出できない「むくみ(浮腫)」も、それを改善する事では体重が減ります。しかしこれも単に水分が排出される事で体重が軽くなっただけで、決して脂肪は減っていません。

そして逆に体重が増える事では「太った=脂肪が増えた」と勘違いしてしまうのですが、そのように水分代謝が崩れて浮腫が起こり、下肢などの水分が上手く排出できない事でも体重は増えます。特に筋肉は脂肪より密度が高く、単純に「重い」ので、筋トレを行って筋肉が大きくなる事でも体重は増えます。その他、単純に水(1リットル=1キログラム)をガブ飲みするだけでも、一時的ではありますが簡単に体重を増やす事ができます。このように体重が増えたからといって、必ずしも脂肪が増えたとは限らないのです。

何が言いたいのかというと、「体重」は見た目として分かりやすい反面、何が増えて何が減ったかが全く分からないため、ダイエットの指標には適していないと個人的には思います。そもそも体重は「全身の重さ」を表す数値であり、「脂肪以外の増減」にいちいち一喜一憂していたらキリがありません。それでは同じ事の繰り返しになるだけでしょう。


体組成を計測してみよう

通常の体重計では「体重」しか計測する事はできませんが、最近では手軽に利用する事ができる「体組成計」があり、それを利用すれば、体重の内「何がどの割合あるか」を知る事ができます。

体組成の中で有名なものは、体脂肪率(体脂肪量)、筋肉量、内臓脂肪、基礎代謝量などが挙げられます。機種にもよりますが、左半身や右半身及び上肢や下肢の筋肉量・水分量・骨量のバランスなどを細かく計測できたり、中には体内年齢などユニークな数値を計測してくれるものもあります。またスマホなどと連動し、消費カロリーや運動の強度などを日々記録し、更には摂取カロリーなどを入力する事で、「どのようにしたら現状を改善する事ができるか」を教えてくれる機能がついているものまであるようです。まずは自分の体脂肪率(体脂肪量)や筋肉量を把握する所から始めてみましょう。

ちなみにかなり精密なものになると、数百万円するような体組成計もあったりします。通販サイトAmazonで調べてみると、中には200万円を超えるような商品もあるようです。参考リンク→Amazon商品検索 - 体組成


日本人の体脂肪率の目安について

ここでは日本人の体脂肪率の目安についてまとめています。尚、年齢を全て書くと長くなってしまうので省略しています。

●男性(18〜39歳)の体脂肪率目安
低:〜10% 標準-:11〜16% 標準+:17〜21% 軽肥満:22〜26% 肥満:27%〜
●女性(18〜39歳)の体脂肪率目安
低:〜20% 標準-:21〜27% 標準+:28〜34% 軽肥満:35〜39% 肥満:40%〜
※尚、以降の年齢では40〜59歳で各+1〜2%、60歳以上で各+2〜3%。

ご覧いただければ分かる通り、男性よりも女性の方が体脂肪率は高くなっています。これは女性ホルモンの影響によるもので、元々女性は男性よりも脂肪が多いのが正常です。また男性は女性よりも筋肉量や骨量が多いので、それによっても男性の方が体脂肪率は低くなっています。

一般の人であれば上記にある「標準」の範囲内に体脂肪率に保つ事が、心身の健康のためには重要になります。特に日本人女性はダイエット志向が強く、現時点で「低」となっている人や、それを目標にしてダイエットをする人が殆どです。体脂肪率は単に低ければ良い訳ではありません。体脂肪率が低くなる事で起こる様々な問題(脂肪は皮膚の材料、性ホルモンの材料、脂溶性ビタミンの吸収、コレステロール値のコントロール、血圧のコントロール、万が一の時のエネルギーなど、そもそも生命活動の維持に必要なもの)にも注意を向けるべきでしょう。

尚、体重を減らせば確かに痩せて見えるでしょうが、全身の脂肪が落ちる事で胸の脂肪は落ちてしまいますし、脂肪が落ちるという事は最低限必要なエネルギーが摂取できていないという事なので、脂肪と一緒に筋肉も落ちており、逆にメリハリのない体型になります。脂肪の量をある程度維持しながら、筋肉を維持・成長させ、かつ心身の健康を維持するためには「脂肪を減らす」という事に固執すべきではありません。多少の脂肪があっても太って見せないようにする事は可能であり、体重やダイエットに対する考え方を今一度考えるべきでしょう。


★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト


PR
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座