<< 「運動神経の良い悪い」を言い訳にすべきでない | main | 肩コリを予防するための考え方・ストレッチ >>

昼間の活動力の源になるセロトニンについて

ここでは精神状態に深く関わる「セロトニン」というホルモンについて、私なりに考えた事を書いています。尚、セロトニンについては別ブログ「体質を改善したい人のための知識集」にある『「豆知識集23」セロトニンとメラトニン』にもまとめているのでそちらもご覧下さい。また当ブログ内においては、セロトニンと深く関わる「メラトニン」についての記事『メラトニンというホルモンについて』も合わせてご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ

セロトニンの役割について

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、特に心身を活性化させる作用があります。これはセロトニンが太陽の光を浴びる事で分泌が促され(後述)、ドーパミンやノルアドレナリンなど様々なホルモンをコントロールする役割があるからです。そうして全体のホルモンバランスを整える事で、精神を長期的に安定化させてくれます。

またセロトニンはそのように太陽光の影響を強く受けており、太陽光を浴びる事ができる昼間にその分泌が促されます。これにより体内時計のような役割を果たし、生活習慣に規則的なリズムをもたらすと共に、昼間の活動力の源になります。その意味でも非常に重要なホルモンと言えるでしょう。

ちなみにセロトニンは腸内にも存在します。腸内では腸内細菌によって合成され、腸内の水分量を調節する役割があると言われています。腸内のセロトニンが増えると水分量が上がり、逆に減ると水分量が下がります。一説にはこの上下動がIBS(過敏性腸症候群)の原因とも言われており、ストレスは腸内環境を悪化させます。ただし脳内で分泌されるセロトニンと、腸内のセロトニンがお互いに行き来する事はありません。


セロトニンの分泌が悪くなると何が起こる?

まず睡眠習慣が崩れやすくなります。朝になってもスッキリと目覚めず、起きるのが遅くなったり、例え起きる事ができたとしても、昼間で明るいのに眠気を感じてしまいます。集中力、判断力、記憶力などが低下し、単純に「やる気」がなくなります。人によっては昼夜逆転生活になってしまう事もあります。

またセロトニンの分泌が悪くなるとストレス耐性が低下し、精神的に不安定になります。これにより性ホルモンなどの分泌バランスも崩れ、特に思春期ではニキビの悪化、変声期を迎えない、薄毛、異常行動、月経異常などの原因になる事があります。一説には鬱病などの精神疾患にも深く関係していると言われています。


セロトニンの分泌を促すには

まず重要なのは太陽の光を浴びる事です。これに勝るものはありません。朝起きたら光を浴び、昼間はできるだけ太陽の光を浴びるようにしましょう(紫外線対策は必要)。

また前述のようにセロトニンは昼間の活動に深く関わるホルモンなので、その分泌を促すためには「好きな事をする」「新しい事をする」という事が重要になります。そうして「自分の意志」で心身を活発に動かす事でセロトニンはその分泌が促されます。尚、ストレスは「適度・少量」であれば、本来セロトニンの分泌に必要なものです。完全にストレスがない状態、あるいはそれを目指して自分の行動を制限する事は逆に良くありません。

更に、セロトニンは睡眠中に分泌されるメラトニンの材料になります。つまりメラトニンの分泌が要求されるような睡眠習慣も、セロトニンの分泌を促すためには必要な事です。特に「平日休日問わず、毎日同じ時間に寝起きする」「明るくなったら起き、暗くなったら寝る」というような規則的な睡眠習慣を継続する事が効果的です。そうして活動と休息のメリハリを設けましょう。


セロトニンの材料となるトリプトファン

セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られます。トリプトファンは蛋白質が含まれる食品(肉、魚、乳製品、卵、大豆)に多く含まれるので、それを意識的に食べる事も、セロトニンの分泌を促すためには重要になります。逆に言えばそれを制限していると不足する事があるという事であり、過度な食事制限は良くありません。


オオサカ堂商品リンク

Source Naturals 5-HTP 50mg

尚、左にあるのはセロトニンの材料になる「5-HTP(ヒドロキシトリプトファン:トリプトファンが代謝される過程で作られる物質)」のサプリメントです。摂取方法は毎食時に50〜100mgずつ、小分けにして摂取するのが良いと思われます。ただし寝る前や運動前の摂取はオススメしません。また過剰摂取によって逆にホルモンバランスを崩したり、下痢になる事があるので、摂取量は各自調節が必要です。


★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト