<< 甲状腺ホルモンについて | main | 肌荒れの改善に効果がある「ピーリング」について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


「成長ホルモン」と「IGF-1」について

ここでは健康の維持のために必要不可欠な「成長ホルモン」「IGF-1」というワードについて、私なりに考えた事を書いています。やや長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ

JUGEMテーマ:バストアップ

「ヒト成長ホルモン(hGH)」について

思春期前後になると脳にある脳下垂体という場所から「ヒト成長ホルモン(hGH)」が分泌されます。これがいわゆる「成長ホルモン」です。もちろん成長ホルモンというのは思春期以前も分泌されていますし、思春期を過ぎた大人になってからも分泌されています。何故なら成長ホルモンは「あらゆる細胞を増殖、修復、再生させるために必要」だからです。ですので例えば転んで肌が傷いた時、成長ホルモンが分泌されていればその傷は元通りに治りますし、それが骨に対して作用すれば身長を伸ばす事ができます。思春期前後になると特にその分泌は活発に行われます。

その成長ホルモンは他のホルモンによってコントロールされています。それが「ソマトクリニン(GHRH)」と「ソマトスタチン(SST)」です。ソマトクリニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあるホルモンで、逆にソマトスタチンは成長ホルモンの分泌を抑制する働きがあるホルモンです。これらのホルモンが分泌される事で、成長ホルモンの分泌量が極端に減ったり過剰に分泌されたりするのを防いでいるのです。成長ホルモンが少ないのは「悪い」という印象がありますが、かと言って分泌量が増えすぎても良くありません。何らかの原因でソマトクリニンやソマトスタチンの分泌が不安定になると、その影響を受けて成長ホルモンの分泌も不安定になります。


成長ホルモンの分泌を促すアルギニン

成長ホルモンの分泌を促すソマトクリニンは様々な種類のアミノ酸で構成されており、特に「アルギニン」というアミノ酸が強く影響するとされています。成長ホルモンの分泌にアルギニンが良いと言われるのはこれがあるからです。尚、ソマトクリニンは浅い眠りのレム睡眠の時に分泌が促進され、それによって成長ホルモンの分泌が促されると言われています。

●アルギニンカプセル+亜鉛
アルギニンカプセル+亜鉛

もちろんソマトクリニンも前述した成長ホルモンの分泌を抑制するソマトスタチンも、そして成長ホルモン自身も分泌は脳から行われる事です。ですのでこれらのホルモンバランスを整えるためには、そもそも脳が正常に機能していなければなりません。既に他の記事でも説明していますが、最低限我々のできる事は規則正しい生活習慣を続ける事、特に睡眠、食事、運動という3つの習慣を改善する事です。その積み重ねが脳を正常に機能させる事に繋がります。


「IGF-1」と肝臓について

ただ、成長ホルモンはそのままの形で骨へ伝わる訳ではありません。成長ホルモンは脳から分泌された後で、一旦「肝臓」に向かい、そこで「IGF-1(インスリン様成長因子)」というホルモンに変化します。この「IGF-1」が例えば骨にある骨端線(骨を作る細胞が活発な場所)に作用すれば、骨を作る細胞が活性化して身長が伸びます。もちろん胸に作用すればバストアップになります。

肝臓は糖や脂肪、タンパク質をエネルギーへと変換したり、血液を常に綺麗に保つ浄化作用などを持っている非常に処理能力の高い臓器です。健康に生きる上でなくてはならない臓器の一つですね。しかしその元々持っている処理能力が高すぎるために、仮に肝臓の機能が低下していても「機能が低下した」という自覚症状がほとんど出ません。ですので自分が気づかぬ内に肝臓の機能が低下しているという事が実は結構あるのです。その肝臓の機能を低下させる大きな原因はやはり不規則な生活習慣・・・なのですが、「急激な食事の変化」も実は肝臓の機能を低下させる原因になります。特にバストアップやダイエットのために食習慣を改善しようとして急激に食習慣が変化する(大量に食べる=処理が追いつかない、または極端に食事を制限する=臓器を動かすエネルギーが足りなくなる)とそれが起こる事があります。尚、ビタミンB群の不足、暴飲暴食、睡眠不足、運動及び勉強のし過ぎ、過度なストレス、病院処方の薬やサプリメントの飲み過ぎ、アルコール、タバコなどによっても肝臓は機能が低下する事があります。


「IGF-1」を直接増やす方法はないのか?

そもそもIGF-1は成長ホルモンが分泌されなければ増やす事はできませんので、第一に行うべき事は睡眠習慣の改善です。ただし一部の食品にはこの「IGF-1」を増やす働きのある栄養素が含まれているものがあり、それを食べれば直接増やす事は一応可能ではあります。具体的には牛肉、乳製品、大豆製品、辛い食べ物です。

牛肉は輸入に限った事なのですが、海外の安い牛肉はその牛を速く育てるために「成長ホルモンの含まれた餌」を大量に使っている事があります。それによって育った牛の肉(牛乳や牛乳を使った乳製品も同じ)を大量に食べる事ができればIGF-1を直接摂取する事ができ、バストアップはもちろん身長を伸ばす事も可能になるでしょう。一方、大豆製品に関しては「大豆イソフラボン」が関係しています。大豆イソフラボンは女性ホルモンの分泌を促してバストアップ効果があると言われていますが、その他に「CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)」という栄養素を増やす働きがあります。この「CRGP」は実は直接IGF-1を増やす働きがあり、そこに辛味成分である「カプサイシン」が組み合わさる事でその分泌を促進されると言われています。つまりバストアップには「牛肉」「大豆製品」「唐辛子」を使った料理が効果的(もちろんそれだけではビタミンやミネラルは足りないが)になる訳です。

ただし一般的に辛い食べ物にはその辛味を調節するために塩分や糖分が大量に含まれている事があります。カプサイシンと聞くと「汗をかく=脂肪燃焼=ダイエット効果」があるように思いますが、実は「運動を行う際に脂肪を燃やしやすくするために体温を上げる」だけであり、何もしない状態では脂肪は燃えません。よって辛い食べ物を食べる事を習慣化させると逆に余分な糖や脂肪、塩分が蓄積し、脂肪の代謝を悪化させてしまう事があるのです。効果があるからと言って一部の食品に偏る(一度の食事で大量に食べる、毎日大量に食べる等)とそういう事が起こらないとも限らないので、バランスの良い食習慣を心がけましょう。尚、いずれにせよ脂肪が燃えれば胸は萎んでしまいます。バストアップのためには脂肪を燃焼させる方向へ行くのではなく、その脂肪を上手く体が使うように改善する事が重要なのです。


スポンサーサイト