<< 糖も脂肪も本来は心身の健康のために必要 | main | ボロンでバストアップ?摂取方法や注意点等 >>

アルファGPCを摂取してバストアップ?

この記事では成長ホルモンの分泌を促す作用があるとされている「アルファGPC(α-GPC)」について、私なりに考えた事を書いてみます。尚、詳細については別ブログ『身長を伸ばす方法について考えてみた』にある「身長を伸ばす効果があるとされるアルファGPCについて」にまとめているので、そちらをご覧いただければと思います。

JUGEMテーマ:バストアップ


アルファGPCの役割とその効果について

アルファGPC(L-α-グリセリルホスホリルコリン)は脳に存在する物質の一つで「アセチルコリン」の前駆体になると言われています。このアセチルコリンは自律神経の内の副交感神経に作用する「抑制性の神経伝達物質」で、神経伝達をスムーズにする事で記憶力や集中力を向上させる働きがあります。特に神経の末端では筋肉へ命令を伝えて収縮させる役割があり、これによって筋肉が収縮、骨を引っ張って関節を動かします。この事から「アルツハイマー型認知症等の予防になるのではないかとして研究も行われています。

また母乳にも多く含まれていて、乳児の成長に必要な成長ホルモンの分泌や免疫を補助する作用などがあると言われています。この作用から、俗に身長を伸ばす作用や筋肉を大きくする作用などがあるとされ、それを抽出したサプリメントも開発されています。尚、成長ホルモン聞くとそのように身長や筋肉に必要だというイメージが強いですが、それは成長ホルモンが「細胞の修復を促す」作用があるためで、本当にアルファGPCに成長ホルモンの分泌を促す作用があるとすれば、バストアップなどにも繋がる可能性があります。

試験的に投与した例では、アルファGPCを投与すると確かに成長ホルモンの分泌量が増え、成長ホルモン放出ホルモン(GHRH:成長ホルモンの分泌を促すホルモン)を単独に投与するよりも、そのGHRHとアルファGPCを併用して投与した方が成長ホルモンの分泌量が増えたという報告もあるそうです。ただし注射で直接成長ホルモンを投与する場合と比べてどうなのか、具体的な事はまだ分かっていません。

※参考記事
バストアップに関わる成長ホルモンと「IGF-1」


アルファGPCを多く含む一般的な食べ物はないのか?

アルファGPCは母乳以外では、卵黄、大豆製品、穀類、ゴマ油、乳製品、コーン油、小魚、レバー、ウナギなどに含まれており、ごく一般的な物質だろうと思われます。その中でも大豆や卵黄から抽出した「レシチン」に多く含まれているようです。レシチンはサプリメントの他、粉末状のものがあり、食事の際に混ぜて食べる事ができて手軽です。


アルファGPCを含むサプリメント等について

以下はオススメの商品を挙げています。

アルファ ジーピーシー 120カプセル
アルファ ジーピーシー 120カプセル
海外製のサプリメントです。
アルファGPC 300mg 60ベジカプセル
アルファGPC 300mg 60ベジカプセル
海外製のサプリメントです。
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)
このレシチンは大豆製品から抽出されたものです。

★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト