<< 糖も脂肪も本来は心身の健康のために必要 | main | ボロンでバストアップ?摂取方法や注意点等 >>

アルファGPCを摂取してバストアップ?

この記事では成長ホルモンの分泌を促す作用があると言われている「アルファGPC(α-GPC)」について、私なりに考えた事を書いてみます。尚、詳細については別ブログ『身長を伸ばす方法について考えてみた』にある「身長を伸ばす効果があるとされるアルファGPCについて」にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ


そもそもアルファGPCとは?その役割について簡単に

アルファGPCは実際に脳内に存在する物質で、神経伝達物質の一つであるアセチルコリンの前駆体になると言われています。アセチルコリンは神経の興奮を抑える「抑制性神経伝達物質」としての役割があると考えられています。神経の興奮を抑える事ではストレス状態が改善されたり、睡眠の質が改善され、それによって性ホルモンの分泌バランスにも何らかの影響を与える可能性があります。

またアセチルコリンは運動神経の末端から分泌される事で筋肉を収縮させる役割もあり、腕や足などの筋肉はもちろんの事、呼吸に関わる肺や臓器、更には血管の収縮に関わる筋肉のコントロールにも重要です。神経伝達がスムーズに行われれば、それらの機能が改善される可能性があります。尚、脳内では神経伝達をスムーズにする事で、意欲・集中力・判断力などを向上させる作用があると思われます。それによって活力が生まれ、昼間の行動がポジティブに変化すれば、それもバストアップにおいては良い方向へ働く可能性があります。


アルファGPCは成長ホルモンを分泌させる?

このアルファGPC、脳以外では母乳にも含まれており、それによって乳児の成長に必要な成長ホルモンの分泌を促す作用や、免疫機能を補助する作用などがあると考えられています。「成長ホルモン」と聞くと一般的には「身長を伸ばすために必要」というイメージが強いのですが、それは成長ホルモンが「細胞の成長を促す作用」があるためです。もし本当にアルファGPCに成長ホルモンの分泌を促す作用があるとすれば、バストアップにも何らかの影響を与える可能性があります。その他、一説によれば脂肪の運搬にも関与しているとも言われています。参考記事→成長ホルモンについて


アルファGPCを多く含む一般的な食べ物はないのか?

しかし乳幼児以外では母乳を飲む訳にはいきません。そこで母乳以外の食品から摂取する事を考えますが、母乳以外では卵黄、大豆製品、穀類、ゴマ油、乳製品、コーン油、小魚、レバー、ウナギなどに含まれていると言われています。その中でも特に大豆や卵黄から抽出された「レシチン」に多く含まれているようです。このレシチンは錠剤やカプセル型のサプリメントの他、粉末状の商品もあり、食事の際に混ぜて食べる事ができて気軽です。

アルファGPCを摂取する事ができる商品を紹介

以下はオススメの商品を挙げています。ただし前述のようにアルファGPCの持つ作用は分かっていない部分が多いため、過信は禁物でしょう。

ナウフーズ アルファGPC 300mg

これは海外製のサプリメントです。摂取量の目安は特に定められていませんが、容器には1日2粒が目安と書かれています。摂取量としては1日数100mgが良いと思われます。
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)

このレシチンは大豆から抽出されたものです。摂取量の目安は定められていませんが、1日10〜15g程度で良いと思われます。1日に数10gあるいは数100gも摂取するような事をしなければ、特に問題はないでしょう。

★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト


PR
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座