<< アルギニンを摂取してバストアップ | main | ビタミンCを摂取してバストアップ >>

ジオスゲニンでバストアップ?摂取方法や注意点等

ジオスゲニンという栄養素を聞いた事があるでしょうか。ジオスゲニンは性ホルモンの分泌を促す作用があると言われており、美容に対してサポートとなる可能性がある栄養素です。ここではそんなジオスゲニンについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

ジオスゲニンのバストアップ効果について

ジオスゲニンは植物ステロールの一種で、女性ホルモンの一つである「プロゲステロン」の元になると言われています。このプロゲステロンは女性が妊娠→出産を行うための機能を発達させ、その準備を行う役割があり、特に思春期以降に分泌されます。ジオスゲニンはそのプロゲステロンの材料を補う事ができ、女性らしい体へ変化する事を促すと言われています。バストアップという点で言えば、プロゲステロンは乳腺を発達させる役割があり、その分泌は重要です。

ちなみに女性ホルモンと言うと大抵は「エストロゲン」の事を指します。エストロゲンの方は思春期以前から分泌されており、その蓄積によって思春期へ向かうスイッチが入ると言われています。当然思春期以降に分泌が加速される訳ですが、特にエストロゲンは脂肪の代謝に深く関わっており、胸を初めとして、全身に脂肪がつきやすくなります。またカルシウムの代謝にも深く関与しており、成長期の骨にある骨端線を閉鎖させ、身長の伸びを止める他、更年期以降で分泌量が減ると骨粗鬆症のリスクが高まります。


ジオスゲニンは男性ホルモンにも女性ホルモンにもなる?

ジオスゲニンの分子の中には「DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)」と同じ構造があります。この「DHEA」は男性ホルモンの一種で、男性ホルモンとしての効力は、代表的な男性ホルモンであるテストステロンの5%程度しかありませんが、体内ではそのテストステロンや女性ホルモンの一種であるエストラジオール(エストロゲンの一種)に変化する事ができると言われています。つまりジオスゲニンはエストロゲンの材料にもなる可能性があります。

一般的に、男性では男性ホルモンが、女性では女性ホルモンが分泌されるという印象があります。しかし実は女性でも男性ホルモンは分泌されており、女性ホルモンに対して拮抗し、ホルモンバランスを整える役割があります。ジオスゲニンによって男性ホルモンが適切に分泌されれば、例えば女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位に働いたり、あるいは女性ホルモンが過剰に分泌される事が減ります。それによってホルモンバランスを整える事ができれば、平均的ではありますが、その分泌量を増やす事ができる可能性があるのです。

ちなみに男性でも女性ホルモンは分泌されています。つまり男性において分泌される女性ホルモンは、男性ホルモンに対して拮抗し、不安定な男性ホルモンの分泌を抑える事ができると言われています。男性ホルモンが急激に分泌される事によって起こる症状としては、例えば皮脂が増える事によってニキビが悪化したり、体毛が濃くなったり、髪の毛が薄くなったりします。ジオスゲニンにはそれを抑える作用がある可能性があります。

※参考記事
性ホルモンの分泌バランスとバストアップ


ジオスゲニンにはボケを予防する効果がある?

ジオスゲニンは脳にも良い効果を与えるなどとされており、特にアルツハイマー型認知症の改善に効果があるのではないかとして研究されているようです。もっとも脳に影響を及ぼすだけのジオスゲニンをヤムイモから摂取するためには、1日10kg以上も食べる必要があると言われていて、とても現実的ではありません。しかしながら認知症は若い頃から少しずつ進行するものであるので積み重ねは重要です。現時点では不明な部分が多いですが、ジオスゲニンはそのサポートになる可能性があります。尚、最も効果的なボケの予防は脳の活動と休養のバランスです。


ジオスゲニンを多く含む食品について

そんなジオスゲニンですが、食品では特に「ヤムイモ(またはヤム)」に豊富に含まれていると言われています。ヤムイモというのは日本で言う「山芋」の仲間です。ただし日本で一般的に売られている山芋を食べても、摂取する事のできるジオスゲニンはごく僅かなので、ジオスゲニンを摂取したいと思ったら海外のヤムイモを取り寄せる必要があります。アフリカ大陸や南米にある一部の国では、現在でも主食として食べられているそうです。ジャマイカなどが有名ですね

ジオスゲニンは日本(沖縄の一部地域)や海外で栽培されている種類の中では、「クーガイモ(トゲドコロ)」に多く含まれているそうです。ただし欠点もあって、ジオスゲニンは加熱によってその多くが失われてしまうそうです。しかもクーガイモは生で食べる事ができないらしいので、もしジオスゲニンを摂取したい場合にはジオスゲニンだけを抽出したサプリメントを探してそれを利用するか、それ以外で海外産で生食が可能なヤムイモを取り寄せる、あるいは自分でヤムイモ育てる事が必要になるでしょう。有名な海外産では「ワイルドヤム」があります。


ジオスゲニンを摂取できるサプリメントの紹介

ヤムイモや日本の山芋はネバネバした種類が多く、人によってはアレルギー症状が出やすいです。食べる際には十分注意して下さい。もし好き嫌いでヤムイモを食べる事に抵抗がある人は、下記のようなサプリメントをオススメします。ただしサプリメントでもアレルギー症状が出る事があるという報告があるので、念のために注意が必要です。

また過剰摂取によって逆にホルモンバランスを崩すという報告もあるので、摂取量には十分注意しましょう。サプリメントでは容易に過剰摂取できてしまうので、既に思春期を迎えていた場合は、思春期中は避けた方が無難です。もし摂取する場合も用法用量を守るのではなく、むしろ少ない量から初めて、合わなかったらすぐに摂取を止めるべきです。特にヤムイモは数百種類存在し、中には見分けが難しいものがあるため、毒性のある種類が混じっている可能性もゼロではないそうです。過敏かもしれませんが、実際そういう副作用の報告がなされているので、粗悪な商品は選ぶべきではありません。


Amazon商品リンク

Nature's Way ワイルドヤム

これはヤムイモの一種であるワイルドヤムのサプリメントです。ジオスゲニンを抽出している訳ではないですが、摂取する事ができるサプリメントとして一応紹介しておきます。前述のように過剰摂取には十分注意しましょう。


スポンサーサイト