<< ボロンでバストアップ?摂取方法や注意点等 | main | 胸の筋肉を鍛えてバストアップ(嵩上げ) >>

有酸素運動を行う際の注意点・運動すると胸が萎む?

ここでは脂肪の代謝を改善するために行う有酸素運動の種類や、有酸素運動を行う際の注意点について簡単にまとめています。尚、有酸素運動に関する詳細については別ブログ「体質を改善したい人のための知識集」にある『「筋トレ論12」有酸素運動に関する簡易まとめ」』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ

運動を行うと胸が萎む?

運動は「無酸素運動」と「有酸素運動」の2つに分けられます。簡単に言うと無酸素運動は酸素を必要とせず、糖を消費して行う運動の事で、持久力はありませんが、短時間の内に大きな力を発揮する事ができます。一方、有酸素運動は酸素を使いながら少しずつ脂肪などを燃やす事で、長時間続けて行う事ができる運動です。つまり有酸素運動を行うと脂肪が燃えますが、無酸素運動では主に糖が燃えます。胸は脂肪であるので、胸を萎ませないようにするためには無酸素運動を行えば良いという事になります。

尚、無酸素運動はそのように瞬発的に大きな筋力を発揮する運動です。よって単純に筋トレを行えば良い訳ですが、ハードなトレーニングを行って筋肉が大きくなってくると、男性ホルモンの方が優位に働く事があります。それによって胸が萎んでしまう事はあり得なくはありません。また筋肉が大きくなると、筋肉自体の糖の消費量が増える他、筋肉内に糖を蓄える事ができるため、糖の代謝が向上します。糖は時間が経過すると脂肪として蓄えられるので、つまり糖が消費される事で脂肪へと変換される量が減り、胸が大きくなるための材料となる脂肪が足りなくなってしまう事があります。よって筋トレの強度に関しては考えなければならないでしょう。


運動量と食事量のバランスに注意する

無酸素運動・有酸素運動に関係なく、運動を行えば糖や脂肪といったエネルギーが消費されます。また長期的に行えば代謝が向上し、それによって新たな脂肪もつきにくくなります。しかし何度も言うように胸は脂肪であるので、食事量が運動量を下回れば当然胸は萎んでしまいます。胸を萎ませずに運動を続けていくためには、運動の強度と共に、食事内容・量も重要になってくるでしょう(運動の機会が増えれば食事量も増える。同等程度では胸が萎む可能性がある)。

尚、人によっては「どうせ胸が大きくならないのなら、痩せてスタイルを良くした方が良いのでは?」と考える人もいるかと思います。しかし体脂肪率が落ちるという事は、前述のようにカロリーが不足しているという事なので、実際には筋肉も相当落ちていきます。筋肉は元々の骨格的な体の凹凸を際立たせる視覚的な効果がある他、脂肪を下から押し上げる事で皮膚に「ハリ」を持たせる事ができます。つまり筋肉が落ちると、余計にメリハリのないスタイルになってしまいます。筋肉を鍛える事でスタイルを良くした方が良いでしょう。

ちなみに日本人女性の体脂肪率の目安としては、低が〜20%、標準−が21〜27%、標準+が28〜34%、軽肥満が35〜39%、肥満が40%〜となっています。美に対する考え方は人それぞれですが、バストアップのためには20%前後の体脂肪率を維持し、またその体脂肪率であっても、太って見せない努力をする事が重要だと思います。


運動を行う際には胸を揺らさない事が重要

有酸素運動それ自体は全身への血流を促す作用があり、また体温の上昇に伴う発汗など体温調節機能を高める作用が期待できます。一度に燃やす事のできる脂肪は多くありませんが、運動量と食事量のバランスが整っていれば、それを行う事は別に悪い事ではありません。しかし長時間・長距離の有酸素運動を行うと、その間、胸が揺れ続ける事になり、その積み重ねが胸を垂れさせたり萎ませる原因になる事があります。運動を行う際には胸を固定できるような衣服を身につけ、できるだけ胸が揺れないように注意しましょう。また筋トレのような無酸素運動を行う際にも体の使い方に注意し「体の上下動及び振動を抑える」事も重要になります。


必ずしも「発汗=脂肪の燃焼」ではない

例えば半身浴やサウナなどでは体温上昇に伴って汗をかきます。しかし半身浴やサウナなどは運動を全く伴っておらず、脂肪も酸素も消費していない訳です。何が言いたいのかというと、「発汗=脂肪の燃焼」と勘違いしないよう注意しようという事です。その勘違いがあると、それにばかり固執し、そこで水分やミネラルの補給が伴っていなかった場合、美容とは真逆の結果をもたらす事があります。認識を改めるべきでしょう。

これは辛い食べ物(カプサイシン)を食べる事も同様です。特に辛い食べ物は日本人の味覚に合わせるため、塩分や砂糖などの甘味を大量に使っている事があります。習慣にすると知らず知らずの内に塩分や糖分などを過剰摂取してしまったり、栄養バランスが偏る事もあるので注意すべきです。

★当ブログ内関連記事一覧


スポンサーサイト