ハチミツでバストアップ?含まれる栄養素とその効果

ここではバストアップ効果がある?と言われる事のある「ハチミツ」と、ハチミツに関係する「ローヤルゼリー」や「プロポリス」について、それらに含まれている栄養素や、それぞれの栄養素の持つ効果を簡単にまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ
この記事の続きを読む

海藻類・ヨウ素でバストアップ?(別ブログリンク)

食用にされる海藻には様々な種類がありますが、全体としてミネラルが豊富です。特にカリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素がいずれも豊富に含まれていて、様々な種類のミネラルが補給できます

海藻類に含まれているいずれのミネラルも、心身の健康を維持する上で必要不可欠なものです。その中でも海藻類は特に「ヨウ素」の摂取源になります。ヨウ素は新陳代謝に関わる甲状腺ホルモンの材料となるため、バストアップをする上で非常に重要です。日本人は摂取する機会に恵まれているので通常は不足する心配はありませんが、好き嫌いなど人によっては不足する可能性があります。またミネラルの中ではマグネシウムも重要です。マグネシウムは糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助する役割があり、これも意識的に摂取しておきたいところです。

一方、カリウム、これに関しては注意が必要です。海藻類は確かにカリウムが豊富で、ナトリウムや余分な水分を排出してくれる効果が期待できるのですが、そもそも海産物なので、実はナトリウムも豊富に含まれています。このため海藻類だけでカリウムを摂取しようとすると、塩分過多になる可能性もあります。もし海藻類を食べる場合、芋、野菜、果物、キノコなど、「その他のカリウムを豊富に含む食品」を一緒に食べ、バランスを取るようにしましょう(発汗量や運動量が多い場合には塩分摂取の手段になる)。

ちなみに海藻類はそのようにミネラルが豊富なのですが、全体として必須アミノ酸と必須脂肪酸は不足しています。またビタミンも不足している部分が多いです。よってそれらに関しては別途補給が必要であり、「海藻類を食べるだけで健康になれる」などと安易に考えるべきではありません。むしろ海藻類だけでは栄養バランスが偏り、逆効果になる事もあります。海藻類を食べるだけで満足しないようにしましょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『海藻類を食べてヨウ素などミネラルを補給しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ



大豆イソフラボンでバストアップ?(別ブログリンク)

バストアップのためには、蛋白質の材料となる9種類の必須アミノ酸、脂肪の代謝に関わる6種類の必須脂肪酸、代謝を補助する各種ビタミン及び各種ミネラルの摂取が欠かせません。特にそれらの補給に適しているのが実は「大豆」です。大豆には9種類の必須アミノ酸、必須脂肪酸(ω-6脂肪酸のリノール酸)、ビタミンの中ではビタミンB群、ミネラルの中ではマグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅などが、いずれも豊富に含まれています。全体的な栄養価が高く、バストアップの助けになるはずです。毎日納豆を食べましょう。

また大豆には「大豆イソフラボン」が含まれている事で知られています。大豆イソフラボンはフラボノイドの一種で、女性ホルモンの一種エストロゲンと構造が似ています。このため女性ホルモンの受容器に影響を与え、それに似た働きをもたらすと言われています。この事から「植物エストロゲン」と呼ばれる事もあります。その作用は実際の女性ホルモンと比べれば非常に弱いのですが、バストアップの助けにはなると思われます。

ただし女性ホルモンは多ければ多いほど良いという訳ではありません。過剰摂取をした場合、月経異常や乳癌などの原因になる事があります。特にサプリメントの場合、非常に大容量のものもあり、少なからずそのリスクがあります。また女性ホルモンを受け取るための受容器は遺伝的な要素が大きく、大豆イソフラボンを摂取した際に起こる影響も、個人差が大きいと思われます。人によっては少ない量でも副作用が出る場合があるため、個人的にはサプリメントの利用は不要、食事からの摂取するで十分と思われます。食品の場合、過剰摂取は稀なので心配ないですが、安易にサプリメントに頼るのは危険です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『納豆を食べると身長が伸びる?含まれている栄養素について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


JUGEMテーマ:バストアップ


下記ではオススメのサプリメントを紹介しています。参考までに。

豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)

「レシチン」は大豆製品から抽出されたもので、健康効果のあるアルファGPCが含まれていると言われています。摂取量の目安は特にありませんが、1日10g程度を目安に摂取すると良いと思われます。
大豆プロテイン 1kg 無添加

通常のプロテインの原料は牛乳ですが、これは大豆が原料となっているプロテインです。低糖質・低脂肪・高蛋白なので、乳製品が苦手な人や大豆製品が苦手という人では、これを利用して蛋白質を補給すると良いでしょう。1回の摂取量は20〜40g程度が目安です。食事の際に一緒に、理想は運動後が良いでしょう。尚、大豆アレルギーには注意が必要、またビタミンやミネラルについては別途補給が必要です。
DHC 濃縮プエラリアミリフィカ

プエラリアはマメ科の植物で、一般的な大豆と比べイソフラボンが40倍含まれていると言われています。そのため副作用による個人差が出やすく、過剰摂取には十分な注意が必要です。やはりイソフラボンは大豆からの摂取だけで十分だと思います。ご利用は自己責任で。
おかめ納豆 ひきわり納豆

納豆は蛋白質・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。その中でも「ひきわり納豆」はカルシウムの吸収を促すビタミンKが豊富です。尚、納豆菌は非常に強い菌で、毎食時に大量に食べると逆に腸内細菌のバランスが崩れる事があります(1日多くて2〜3パック)。

PR
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座