肌荒れ予防のためのピーリングの方法と関連商品まとめ

ここでは肌荒れ改善に効果があると思われる「ピーリング」について、その方法や注意点などについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は「続きを読む」からどうぞ。

JUGEMテーマ:バストアップ

この記事の続きを読む

バストアップに関わる成長ホルモンと「IGF-1」

ここではバストアップに必要不可欠な「成長ホルモン」と「IGF-1」というワードについて、私なりに考えた事を書いています。尚、詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『骨端線・成長ホルモン・IGF-1について』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ

成長ホルモンとは?

成長ホルモン(ヒト成長ホルモンの事。略称はhGH)は脳下垂体から分泌されるホルモンで、細胞を複製、増殖、修復などを促す作用があると言われています。これにより例えば転んで肌が傷いた時、成長ホルモンが分泌されていればその傷は元通りに治ります。特に思春期前後においてはその分泌が活発になり、それが骨に対して作用する事で身長を伸ばす事ができます。

また成長ホルモンには血糖値を上昇させる作用もあります。これにより体内の糖が枯渇した時、あるいはインスリンの作用などによって血糖値が下がり過ぎてしまった時、成長ホルモンの分泌を促す事で、血糖値のバランスを取る役割もあります。

尚、成長ホルモンはストレスを受ける事で分泌量が増えます。成長ホルモン聞くと体に良いイメージがありますが、分泌量が増えすぎると過剰な細胞分裂を引き起こす事があります。それが末端巨大症や巨人症などです。また人によっては成長ホルモンの過剰分泌が、ニキビなどを悪化させる原因になる事もあるようです。


成長ホルモンの分泌を促すアルギニン

成長ホルモンは様々なホルモンによってコントロールされていますが、その分泌を促す「ソマトクリニン」というホルモンがあります。このソマトクリニンは様々な種類のアミノ酸で構成されており、特に「アルギニン」というアミノ酸が影響していると言われています。「成長ホルモンの分泌にアルギニンが良い」とよく言われるのはこれがあるからです。

尚、そんなソマトクリニンは浅い眠りの「レム睡眠」の時に分泌が促されると言われています。つまり成長ホルモンの分泌には睡眠習慣の改善が重要な訳です。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アルギニン 200g

アルギニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては1〜2gを小分けにし、間食時及び空腹時に摂取すると良いと思われます。その他、運動前、起床直後、寝る前などの摂取が可能です。尚、1日にどれだけの量のアルギニンを摂取すべきか?については様々な説があり、「1日5g」などと紹介される事もありますが根拠はありません。


「IGF-1」と肝臓について

成長ホルモンは脳下垂体から分泌された後、一旦「肝臓」へ向かい、そこで「IGF-1(インスリン様成長因子)」に変化します。実はこの「IGF-1」が全身の細胞へ作用する事で成長を促すのです。よって肝臓の働きを正常化する事が、成長ホルモンの作用を高めるためには重要だと言えます。

肝臓は糖、脂肪、蛋白質をエネルギーへと変換したり、血液を綺麗に保つ浄化作用を持っている非常に強い臓器です。しかし元々持っている能力が高いために、一部の肝臓の機能が低下していたとしても、「機能が低下した」という自覚症状が出にくいという特徴があります。ですので自分が気づかぬ内に肝臓の機能が低下しているという事が、実は結構あるのです。

肝臓の機能を低下させる大きな原因はやはり不規則な生活習慣・・・なのですが、実は「急激な食事の変化」も肝臓の機能を低下させる原因になる事があります。この急激な変化とは単に暴飲暴食だけでなく、バストアップやダイエットのために特定の栄養素ばかりを摂取したり、何かを極端に制限する事も該当します。特に肝臓は要求されるエネルギーが大きく、極端な食事制限は肝臓の機能を大きく低下させます(食事量が少ない事で肝臓の処理量も減るため、肝臓の機能が低下している事を自覚できない)。

この他、ビタミンB群(補酵素)の不足、暴飲暴食、睡眠不足、運動及び勉強のし過ぎ、過度なストレス、病院処方の薬やサプリメントの飲み過ぎ、アルコール、タバコなどによっても肝臓は機能が低下する事があります。注意すべきでしょう。


「IGF-1」を直接増やす方法はないのか?

まずは睡眠習慣を改善する事、肝臓の機能を改善する事、そしてストレスコントロールをして自律神経のバランスを整える事、その上で適度なストレスを与えて成長ホルモンの分泌を促す、更にはその材料となる栄養素を摂取する事が重要です。尚、一部の食品には「IGF-1」を増やす働きのある栄養素が含まれているものがあります。それが牛肉、乳製品、大豆製品、辛い食べ物です。

牛肉は特に海外産に多いのですが、海外の安価な牛肉はその牛を速く育てて回転を良くするために、「成長ホルモンの含まれた餌」を大量に使っている事があると聞いた事があります。それによって育った牛の肉や牛乳を食す事ができれば、成長ホルモン及びIGF-1を増やす事ができる・・・かもしれません。

一方、大豆製品に関しては「大豆イソフラボン」が関係しています。大豆イソフラボンは女性ホルモンの分泌を促す事でバストアップ効果などがあるとよく言われますが、その他に「CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)」を増やす働きがあると言われています。この「CRGP」にはIGF-1を増やす働きがあるとされ、そこに辛味成分である「カプサイシン」が組み合わさる事で、知覚神経を刺激し、更にその分泌を促進されるという研究結果があるようです。

ただし一般的に辛い食べ物には、その辛味を調節するために塩分や糖分が大量に含まれている事が多いです。カプサイシンと聞くと「汗をかく=脂肪燃焼=ダイエット効果」があるように思いますが、実際にはエネルギー化を補助するだけであり、運動も何もしない状態で勝手に脂肪が燃えていく事はありません。逆に、辛い食べ物を食べる事を習慣化させる事では、余分な糖や脂肪、塩分が蓄積し、脂肪の代謝を悪化させてしまう事があります。また大量の発汗を伴えば、水分・水溶性ビタミン・各種ミネラルは失われ、脱水・乾燥などを招きます。効果があるからとそればかり食べてしまうと、その積み重ねがバストアップの妨げになるとも限らないので、必ずバランスの良い食習慣を心がけましょう。



バストアップに関わる甲状腺ホルモンについて

甲状腺ホルモンは新陳代謝を促す働きのあるホルモンで、その分泌はバストアップにも影響を与えると言われています。この記事ではそんな甲状腺ホルモンについて私なりに考えた事を書いてみます。尚、詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『身長の伸びに影響を与える甲状腺ホルモンについて』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

JUGEMテーマ:バストアップ

甲状腺ホルモンの役割について

甲状腺ホルモンは顎の付け根にある甲状腺から分泌されるホルモンです。あらゆる細胞に甲状腺ホルモンを受け取るための受容体があるとされ、「古くなった細胞を取り除き、細胞を新しく作り変える」という「新陳代謝」の過程をスムーズにする役割があると言われています。特に蛋白質の合成に必要なため、「バストアップ」という点では非常に重要なホルモンと言えるでしょう。

また甲状腺ホルモンはそれを受け取った細胞のエネルギー代謝を活発化させ、糖、脂肪、蛋白質をエネルギーに変換しやすくする役割もあります。これも新陳代謝を行う細胞の活動を促すためで、これによって単純に「基礎代謝」が上がる事になります。基礎代謝が上がるという事は摂取したエネルギーが消費されやすくなるという事であり、すなわち自然と新たな脂肪が蓄積しにくくなります。


甲状腺ホルモンの分泌を促すためには

甲状腺ホルモンは脳下垂体から分泌される「甲状腺刺激ホルモン」によって分泌、「甲状腺刺激ホルモン」は視床下部から分泌される「甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン」によって分泌されます。この内、視床下部は大脳と中脳の間にある間脳という場所にあり、ここは自律神経の中枢部分です。自律神経は「活動」の交感神経と「鎮静」の副交感神経から成り立っており、特にストレス反応において重要な役割を果たしています。つまりストレスを受けて自律神経が乱れると、甲状腺ホルモンの分泌にまで影響を及ぼす事があり、ストレスコントロールは重要です。

また甲状腺ホルモンはアミノ酸の一種である「チロシン」と、ミネラルの一種である「ヨウ素」から作られています。チロシンは必須アミノ酸の一種であるフェニルアラニンから合成されます。必須アミノ酸は蛋白質を多く含む食品(肉、魚、卵、乳、大豆)から摂取されるので、それが制限されると材料が不足する事があります。またヨウ素は海産物全般に含まれるミネラルで、日本人は摂取機会に恵まれていますが、食習慣によっては不足する事があります。つまり過度な食事制限や、食物アレルギー・好き嫌いなどによる栄養バランスの偏りは、結果としてバストアップに悪影響を及ぼす事があります。どちらも意識的に食べるかサプリメントを利用しましょう。


甲状腺ホルモン機能を低下させる病気に注意する

甲状腺ホルモンの分泌を低下させる病気では、先天的に甲状腺機能が低下する「先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)」と、少し後になって症状が出る「後天性甲状腺機能低下症」の2つに分けられます。この内、後天的に低下するケースの方が少なく、8割が先天的なケースとも言われています。また一般的に女性の方が甲状腺機能が低下する病気にかかりやすいという統計があるようです。

特に後天的に起こる場合、例えば今まで順調に身長が伸びてきた人では、甲状腺ホルモンの分泌が悪くなる事でその成長スピードが急に遅くなる事があります。前述のように甲状腺ホルモンはあらゆる細胞へ影響を与えるので、甲状腺ホルモンの分泌が悪くなると、細胞がエネルギーを得られず、そのように全身にある様々な細胞・様々な機能が低下する事になります。当然胸の成長にも悪影響を及ぼすでしょう。

その他では代謝異常が起こる事で全身あるいは体のどこかがだるく感じたり、水分代謝が低下する事でむくんだり、記憶力や集中力の低下などが起こる事もあるようです。そこですぐに気づく事ができれば治療によって改善しますが、これらの症状は風邪と誤認する事も多く、見逃される事もあるので注意すべきです。できるだけ早く気づき、治療を開始(内分泌科などを受診)しましょう